Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

FP Feed

2006年6月 5日 (月)

為替相場の動向を知ることの重要性

為替相場は、円高や円安要因によって、日々変動
しています。

円で資産を持つ大部分の日本人の人は、その円が
他の通貨に対して高く評価されていくのか、逆に
低く評価されることになるかを知ることは重要です。

例えば、過去5年間の相場はどうだったのかというと、
グローバル・シーの金融情報(携帯対応)ブログで
見てみましょう。

http://diary.jp.aol.com/qxy642w/

2006年5月31日のドル円相場は 112.60-70円
2005年5月31日のドル円相場は 107-108円
2004年5月31日のドル円相場は 109.40-56円
2003年5月30日のドル円相場は 119.30-40円
2002年5月31日のドル円相場は 124.20-40円
2001年5月31日のドル円相場は 118.70-80円

で、変動幅は20円以内でボックス圏にあると言えます。

それで何もしないでいいかというと、そうでも
ありません。

仮に1年で$1=110円と$1=120円の幅を10回上下すると
仮定しましょう。

最初100万円の投資で、$1=110円の時にドルに変えると
その時点で9091ドルのドル資産となります。

$1=120円の時に円に変えると、109万円になります。
それを$1=110円になった時にドルに変えると、9917ドル
となり、また、$1=120円になった時に円転すると、
119万円になります。

その繰り返しが10回続くと、100万円が154万円に
なります。

仮に、為替のトレンドがボックス圏を10円前後動く
ことを認識した人は、円安の時にドルを円に変え、
円高の時にドルに変えることを繰り返すだけで、
円ベースの資産が増えることがわかります。

仮に何もしない人はボックス圏の繰り返しが10回
あっても20回あっても、円ベースの資産価値は変わらず、
ドルベースで評価した時は、最初と最後の為替差が
発生するだけです。

この違いを認識した人は、為替の動向に注意すること
の重要性を認識されると思います。

金融情報(携帯対応)は、携帯電話のIモードでも
簡単に見れますので、是非ホームページのQRコード
から携帯電話に登録して為替の推移を追ってみて
ください。

http://diary.jp.aol.com/qxy642w/








2006年5月23日 (火)

外国通貨への投資

外国通貨への投資の面白いところは、どこかの通貨が
高くなれば、どこかの通貨が安くなり、株式のように、
市場の全ての銘柄が全部が良くなったり、全部が悪く
なったりはしない点です。

その他の特徴としては、歴史的に見て為替レートは
ある程度のボックス圏を上下しているということです。

それらを考慮して、どの通貨で資産を持てばいいかを
考えて見ましょう。

まず、いい投資と考えられるのは、元などの通貨は、
中国からアメリカへの輸出が伸びており、明らかに
ドルに対して評価が低いと判断されている通貨ですので、
いずれ切り上げられることが予想されます。

1年後に10%元がドルに対して切りあがることを予想し
その元で評価される資産に投資すれば、その投資はドル
ベースで10%上昇することになります。

日本に住んでいる人は、ほとんどの人が円で評価される
資産を持っており、仮にインフレが0であれば1億円の
資産は1年後には1億円と評価されて減価していることに
気づきませんが、1年で円と元ベースで円が10%安く
評価されると、元ベースでみると、円は10%資産が
減価したことになります。

日本で住んでいる人にとっては一見何も問題ないよう
ですが、円資産を持っている人は無意識に円資産を
持つことを選択したのであり、円投資の選択をしたことに
気づいていないだけです。

円が高く評価されることが続いていくのであれば、この
スタンスで問題ありませんが、今後円の評価が下がって
行くことを予想するのであれば、何らかの対策を考える
必要が出てきます。

このあたりのことが理解できるかどうかが、グローバル
社会に生きていく鍵となります。





2006年4月20日 (木)

金融情報(携帯対応)

あなたは金融情報をどこから得ていますか?

グローバル社会を向かえ、単に円だけの資産を
持っていると、減価してしまう事があります。

通貨に関しては基本的には、ゼロサムゲームで、
どこかの通貨が上がれば、どこかの通貨が下がる
というようなことになります。

リスクヘッジの為にどの通貨を保有すればいいかと
いうことになりますが、基本的には通貨が切り上げと
なるような通貨、例えば元などは有望と思われます。

逆に今後減価してしまう通貨で資産を保有することは
リスキーと言えます。

通貨は日々為替相場で変動しますが、大まかな通貨の
流れをつかんでおくことは重要です。

例えば、今はドルに対して円高に向かっているのか、
円安に向かっているのかを把握するというようなこと
です。

その為に、グローバル・シーでは為替相場や株価を
日記形式で遡って見れるブログを作成しています。

http://diary.jp.aol.com/qxy642w/

例えば、1年前の為替相場がどうだったとか、
曜日による傾向等も時系列的に見ておくと、
分かる場合があります。

是非、ブックマークに金融情報を登録して、日々の
為替感覚を磨いておいてください。

携帯電話からでも簡単にアクセスできる優れものです!