Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

語学総覧 Feed

2015年3月 3日 (火)

若者と学ぶESD・市民教育‐グローバル社会に生きる私たち ...

http://www.dear.or.jp/book/book01_wakamono.html

グローバル社会で生きていく子どもたちを育てる国際理解教育 特集

http://www.netty.ne.jp/contents/special/class/2013/08/05/3902/

2006年12月24日 (日)

POP辞書を使ってお気に入りサイトを見よう!! 

最近画期的なサイトを見つけましたので、ご紹介します。

その名はPOP辞書です。

  http://www.popjisyo.com/WebHint/Portal.aspx

これはいろいろある翻訳サイトのひとつですが、
画期的な点は、ニュースや新聞の記事を読んでいる
際に、わからない単語にマウスカーソルをあてると
その和訳が自動的に出てくる点です。

対応しているのは、



英語 → 日本語 : Google ニュース  CNN ニュース
Yahoo 英語ニュース
         Slashdot.org

日本語 → 英語 : NIKKEI 新聞 Slashdot.jp

中国語(簡体字)→ 英語 : Yahoo中国ニュース

中国語(繁体字)→ 英語 : Yahoo台湾ニュース

韓国語 → 英語 : Yahoo韓国ニュース

なんと、英語・中国語・韓国語が勉強できますし、
和英にも対応しています。

すごい!!

2006年7月17日 (月)

言葉は単なる手段である

◆グローバル社会に向けて、英語くらいは喋らないと
いけないと思う人も多いでしょう。

◆中には3-4ヶ国語を操る語学の達人もいます。

◆でも、そんな人はまれであり、その人も人知れず
努力を重ねて語学を習得したのではないかと思われます。

◆幸運にも海外で生まれ育った子供は、両親の話す
日本語と現地で覚えた外国語を割と簡単に話せる
でしょう。でもネイティブ並に操れる帰国子女は
まれな存在です。

◆大多数の日本人は英語が喋れなくても卑下する
必要はまったくありません。

◆重要なのは伝えるべきメッセージがあるかどうか
です。その言語を使ってやりたいことがあるか
どうかです。

◆また日本人としての誇りを持ち、日本人であると
いうアイデンティティを威厳を持って相手に示せるか
どうかです。

◆自分に人に誇れる何かがあれば、言葉ができる
できないは問題ありません。

◆心意気が大事です。

◆伝えるのは片言の英語でも、自分がその言葉を
道具として使って実現したい(表現したい)何かが
あれば、会話はできるものです。

◆したがって、道具である言葉を使って、どのような
目的(夢)を実現しようとしているかの熱意が問題です。

◆言葉が単なる手段であるという認識があれば、
それが多少間違っていても、目的が達成できれば
何も恥じることはありません。

◆それでもある程度は喋れないと通じないので、
最小限の努力でそれが達成できる方法を考えて
みましょう。

◆行き着くところは一つ。e-e-Learningですね。

 → http://www.e-e-learning.com

2006年7月 5日 (水)

母国語の重要性

◎語学ができるというと、日本人が外国語ができると
いうことですが、その外国語の均整の取れた運用能力が
必要となります。

◎その言語がうまくできるためには、母国語である
日本語の能力も必要になります。

◎まず、高度な日本語力がある人でも、英語力が
0の人は、英語の通訳や翻訳はできません。

◎次に、一般的な日本語の運用能力が劣っていて、
高度な英語力のある人は、英語でのレベルは高い
ものの、和訳が稚拙になりがちとなります。

◎通訳や翻訳がうまくなろうと思うと、母国語と
外国語の両方の運用能力が高くないと、いけない
ことがわかります。

◎通訳や翻訳は、低いほうの言語の運用能力に
引きずられてしまうことを認識しましょう。

◎通訳者や翻訳者を目指している人は、外国語の
力だけでなく、プロとして通用する母国語の力が
身についているかどうか見極め、不足していると
自覚した場合は、質のよい文章をたくさん読み、
書き写し、そして音読などをして、日本語力強化に
努めるのが望ましいでしょう。

2006年6月 7日 (水)

どの言語を勉強するか?

◎ケンブリッジ大学出版局「THE CAMBRIDGE FACT
FINDER」1993年刊によると、世界の主要20言語の使用
人口は次の通りです。

左欄は母語(第1言語)を基準とした言語のリストで、右欄は
その言語が公用語となっている国の人口を示しています。
(単位:100万人)

母語人口     公用語人口
1 中国語 (1,000)      1 英語 (1,400)
2 英語 (350)        2 中国語 (1,000)
3 スペイン語 (250)    3 ヒンディー語 (700)
4 ヒンディー語 (200)   4 スペイン語 (280)
5 アラビア語 (150)  5 ロシア語 (270)
6 ベンガル語 (150)  6 フランス語 (220)
7 ロシア語 (150)       7 アラビア語 (170)
8 ポルトガル語 (135)    8 ポルトガル語 (160)
9 日本語 (120)        9 マレー語 (160)
10 ドイツ語 (100)      10 ベンガル語 (150)
11 フランス語 (70)     11 日本語 (120)
12 パンジャブ語 (70)   12 ドイツ語 (100)
13 ジャワ語 (65)      13 ウルドゥー語 (85)
14 ビハール語 (65)     14 イタリア語 (60)
15 イタリア語 (60)     15 韓国語 (60)
16 韓国語 (60)       16 ベトナム語 (60)
17 テルグ語 (55)      17 ペルシア語 (55)
18 タミール語 (55)     18 タガログ語 (50)
19 マラータ語 (50)     19 タイ語 (50)
20 ベトナム語 (50)     20 トルコ語 (50)

◎これを見て、皆さんはどう思われるでしょうか?

世界で14億人もの人が公用語として、英語を喋っている
ので、英語を勉強するのかいい。

中国語も10億人の人が喋っているので、中国語も勉強した
方がよい。

インドも伸びてきているので、ヒンズー後も勉強しようか?

南米ではブラジルを除き全てスペイン語で、アメリカでも
スペイン語表示が一般的になってきているので、スペイン語
もやってみよう。

世界一広い国土を持ち、ポテンシャルのあるロシア語をやっ
てみようか?

意外とフランス語圏の国も多いので、フランス語を勉強しよう。

イスラム世界を知るためにアラビア語をやってみようか?

ブラジルも伸びてきているので、ポルトガル語も勉強した方
がよい。

マレー語って日本語よりも喋る人が多いのか、どんな
言語だろう?

ベンガル語って聞いたことがないが、どこで喋られているの
だろう?

日本語は11位で、日本でしか通じないんだ。

ドイツ語も12位で、ドイツでしか公用語にはなっていないん
だ。等々。

◎日本人の大部分の方は、日本に住んで日本語を喋って
なに不自由なく暮らせるので、他の言語はそんなに
喋れる必要はないでしょう。

コンピューター界のMACのOS(Operating System)のように、
大部分がWindows(英語や中国語)のOSの中で、輝く5%の
マーケットシェアを保てる立派な言語として、日本語が今後
も世界の中で、生き残っていけることを私は望みます。

◎ただ、そのような環境の中でも、ある意味、いい互換性を
持たせることは、重要であると思うのです。

それは他の言語を知ることで、日本語では紹介されて
いない生の情報が得られるからです。

それは主に読むことから、得ることができます。そうしたい
人は外国語のReadingを勉強しましょう。

◎その他に、世界のいろんなところを旅したいと思う人も
多いのではないでしょうか? そのような人は、自分が旅行
した際に必要な言い回しをその国の言葉で喋れるようにしましょう。

ここの部分については、【e-e-Learning】がお勧めです。

それは言いたいことを翻訳家が全て正しく外国語に訳して、
それをその言語のネイティブ・スピーカーが正しく読んで、
それを練習して暗記するようにするシステムなので、余計な
ことは一切勉強する必要がなく、効率的だからです。

◎いろんな国の人と会話をしたいという人は、
【e-e-Learning】の他にリスニングの力が必要となります。

それは相手の人がなんといっているか分からないと会話に
ならないからです。

ここの部分については、DVDで映画を借りてきて(又は
買って)自分が学びたいと思っている言語の字幕を見
ながら、何度も聴くことをお勧めします。

◎人間にはみんな平等に与えられた限られた時間しか
ありません。その時間をどのように使うかで、真価が
問われることになりますが、語学にかけることのできる
時間も限られています。

このことを良く考えて、語学を学んで、どのようなことを
したいのかを考えて効率的に、経済的に、簡単に語学を
学習しましょう。

学習する言語はそれぞれ好みに合わせて選べばいいでしょう。

2006年6月 6日 (火)

インターネットラジオー各国放送

◆インターネットラジオについては、今まで何度も紹介
してきましたが、iTunesが発売されてからさらに利用
しやすくなっていますので、再度ご紹介します。

◆無料でいろんな放送が聴けますが、これを録音して利用
する方法は【EELearning】の会員サイトに書いていますの
で、興味のある方はそこをみてください。

◆インターネットラジオで発信をしたいというような人は、
ライブドアの「ねとらじ」もお勧めです。
ポッドキャスティングとライブストリーミングが楽しめます。

→ http://top.ladio.livedoor.com/

◆英語版ですが、PeerCastという方式でストリーミング
配信しているサービスがあり、その右側のところに
Top Channelsで日本のラジオが聴けます。

→ http://www.peercast.org/

◆中国語のサイトはChina Radio InternationalやCCTV-4が
おすすめで、前者は日本語版も参考になります。

→ http://www.chinabroadcast.cn/

→ http://jp.chinabroadcast.cn/newjp/xhy.htm

→ http://www.cctv-4.com/2005/

◆フランス語のサイトはRadio France Internationaleが
おすすめです。

→ http://www.rfi.fr/

◆ドイツ語のサイトはDW-World.de Deutsche Welleです。

→ http://www.dw-world.de/

◆インターネットラジオを録音したり、ポッドキャスティン
グを利用してiPodでインターネットラジオを気軽に聴いて
みましょう。

ついでに日経や日経ビジネスのPostcastingアドレスを
ご紹介します。

 http://nikkei.hi-ho.ne.jp/podcast/kiku1.xml

http://nb.nikkeibp.co.jp/free/podcast/index2.xml





2006年5月11日 (木)

いーいー語学学習!メルマガ1周年記念

グローバル・シーでは、2005年5月11日より
「まぐまぐ」でいーいー語学学習!というメルマガを
発行し、以来毎週水曜日に発行してまいりました。

http://www.mag2.com/m/0000155334.html

このメルマガは英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、
スペイン語、中国語、韓国語、インドネシア語、ベトナム
語、ロシア語、ポーランド語、セルビア語のいい学習方法や
お勧めサイトを紹介しています。

無料ですので、是非購読してくださいね。

5月10日号でメルマガ発行1周年を記念し、弊社が取り
扱っているAmEnglish社のTOEIC公式補助教材のうち
【TOEIC Business Idioms From SIlicon Valley】を
1名の方にプレゼントします。

応募方法はバックナンバーの中に記載していますので、
奮って応募下さい。


2006年3月15日 (水)

外国語は気合が必要?

◆外国語をマスターしようと思うと、時には日本語を
忘れてしまうくらい没頭しないといけないことがあります。

◆Markも渡米して直ぐに語学学校に通っていましたが、
日本人が多くて英語を日本人に喋りにくい環境でした。
(なんか恥ずかしい気がして)

◆そんな中、一人の日本人がMarkに英語で喋りかけて
きました。最初自分が日本人の顔に見えなかったのかな
とも思いましたが、そんな筈もなくその友達は勇気を
出して、英語を口にしたのだと思います。

◆語学留学も単に外国へ行けばいいというのではなく、
地域も選ばないと、折角外国に行ったのに、語学学校の
学生は日本人ばかりだったという笑えない話もあります。

◆語学を勉強する環境づくりはそれなりに難しいようです。

最後に【外国語を学ぶ時に日本語を話さないという気合が
ありますか?】

2006年3月 6日 (月)

語学の学習方法

◆このブログでは12ヶ国語のいい学習方法を紹介して
いきますが、どの言語も学習方法が良く似ていることに
気づかれるでしょう。

◆他の言語を勉強されている方でも参考になりますので、
自分の専門以外の言語のいい学習方法も参考にして
ください。

◆語学を勉強してその言語が通じた時のうれしさは
格別で、言葉では言い表せないものです。

◆日本でも生涯学習ということで、20代前半までの
詰め込み学習だけでなく、生涯にわたって学んでいく
と言うような社会になりつつあります。

◆そんな中で、特にリタイアされる方は、時間的に
余裕もできますので、自分のこれからの人生を見直す
意味でも、1つ言語を選んで身につけて、その国に
行ってみたり、その国の文化を学んだり、その国に
短期で住んだりしてみてください。

◆言葉はあくまでも道具で、自分がやりたいことを
実現するための手段にすぎませんから、完璧に読み
書き会話ができるようになる必要はなく、楽しみながら、
少しずつやっていかれたらいいと思います。

◆私がe-e-Learningを始めたのは、語学の達人を
たくさん作ると言うようなことではなく、楽しく・
簡単に・効率的に自分に必要なことを勉強できる
ようになってもらいたかったためで、人生と言う
限られた時間を有効に生かしてもらいたいという
思いからです。

◆Enjoy your life!!