Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

シニアビジネス Feed

2008年2月 9日 (土)

Secondlife.jp サイトの立ち上げ...biz

グローバル・シーでは、弊社が発行するブログのうち
セカンドライフに関係するブログを纏めたサイトを
制作しました。

今流行のセカンドライフの本家ドメインは
Secondlife.comで、まさにその日本語版のような
ドメインですが、グローバル・シーでは個人関係、
遊び、スポーツ・アウトドア、不動産、人関係、
娯楽、旅行関係の情報を提供しています。

URL:   http://www.secondlife.jp

サイト名: Secondlife.jp

内容:第二の人生を楽しく過ごしませんか?
このサイトでいろんな情報を見つけることができます。

ここだけの話)
あくまでも噂ですが、グローバル・シーが仮想空間の
セカンドライフ(Secondlife)参入コンサルティングを
開始するとの噂もあります。

なにせ、Google検索で「セカンドライフ」
「コンサルティング」で検索1位ですから、直にでも
お客を集められる環境にあるのは事実です。

また噂ですが、本家にこのドメインを100万ドルで
オファーしたとの話もあります。

2006年9月 5日 (火)

第二の人生の心意気

60歳の定年退職で、今から第二の人生を
始められる方の心意気はどんなもので
しょうか?

平均寿命が80歳としてもまだこれから20年
ある訳ですが、それを長いと見るのか
短いと見るのか、いろいろやりたいことが
おありなのではないでしょうか?

私はサラリーマン生活を20年して、2004年に
第二の人生を始めました。

その意味では、2007年からリタイアされる
方より、3年先輩(3回生)と言うことで、
いろいろアドバイスが出来ると思っています。

私にとっての第二の人生の心意気は、
Boys, be ambitious!です。

http://www.e-e-learning.com/boys.html

2006年5月22日 (月)

団塊の世代の人ってどんな人?

2007年から退職を始める団塊の世代はどのような人たちの
集まりなのでしょうか?

子供の頃どのような漫画を見て育ち、学生の時はどんな
ドラマを見ていたのか?

どんな人に憧れ、何を目指してきたのでしょうか?

どのような価値観を持ち、退職後は何をしたいのでしょうか?

団塊の世代は「全共闘世代」「グル-プサウンド世代」
「スニーカーミドル」「新中年」などと呼ばれてきました。

学生時代は1学年に10以上のクラスがあり、学生運動から
就職、高度成長から石油危機、円高ショック、バブル経済と
その崩壊を経験してきています。

日経の2001年8月14日の記事によると、電通の調査結果で
は、団塊の世代のプロフィールは次のようなものである。

世帯収入は平均977万円、住居は持ち家一戸建てが52%、
持ち家マンションが24%を占める。85%は子供があり、
人数は平均が2人、同居する子供がいる人の割合が95%で
ある。

この子供がパラサイトシングルの大部分を形成している
とのこと。

男性は自分発信、女性は学習意欲があり、共通して
「もうひとつの人生志向」、これから本当に好きなことを
始めたり昔やりたかったことを実現したりする
オルタナティブ志向があるとのこと。

そのあたりを分析すると、何かが見えてくると思います。

2006年5月18日 (木)

団塊の世代の退職による経済効果は?

東洋経済2004年11月27日号の『動き出すあなたの金融資産』と
いう記事では、2007年から2009年に団塊の世代が大量退職を
予定し、この世代に支払われる退職金総額は47兆円から80兆円
と目されるとのことでした。

対象人口が688万人ですので、平均すると一人当たり
683万円から1162万円の退職金となります。(兆という
のは0が12個もある途方もない数字ですね。)

また団塊世代の特徴として金融商品や不動産などへの投資に
積極的な一方、消費性向が高く、子孫に遺産を残すという意識
が希薄であるとの分析ありました。

単純には株式市場・不動産市場が活況となり、車などの
高級品が売れるだろうと予想されます。現に高級車市場では
トヨタやホンダがベンツ・BMWが独占している市場に新車を
投入し始めています。

それではその退職金を持った奥さんの方はどのような反応を
見せるでしょうか?

まずどこか、特に海外旅行したいと思ったら、クルーズの世界
一周旅行なども売れるかもしれません。

不動産を買うとしたら、どのような物件を買うでしょうか?
子供さんは既に独立していると思われるので、2人だけの物件
であれば、大都市で交通の便利なところにマンションを買う、
田舎暮らしをするなんてことも考えられます。

団塊の世代の人数が多いのでFPとしてライフプランを指南する
というのもいいかも。

ただ、この辺りは他の士業も同様にビジネスチャンスがあると
思っているので、それなりの競争になるでしょう。ただ何らか
の投資・アドバイスの仲介をするには少なくともFPの資格は
それまでに取っておくことは必要でしょうね。

皆さんはどう思われますか?