Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

アメリカ Feed

2008年2月16日 (土)

ラスベガスへ行ってきました。(1)...biz

2月11日から15日までラスベガスに行ってきました。

今回の目的は、コンサルをしている神戸のアパレル
会社の製品をアメリカに販売するために、Magicと
いうアパレルの展示会を見てきました。

昨年10月末はSEMAという自動車展に出展したので、
展示場の様子や周りの状況もよく把握できていましたが、
広い会場なので、2日間いい運動をしました。

飛行機はAir Canadaで、大阪の関空からバンクーバー経由
で行きました。比較的乗り継ぎもスムーズで、Air Canadaは
関空から毎日出ているので、便利と思います。

機内食も鰻や鮭といったメニューがあり、なかなかおいし
かったです。Canadaのビールもお勧めです。


ミュージカルも2つ見てきましたが、特に今回のお勧めは、
MirageでやっているビートルズのLOVEというミュージカル
です。

http://www.mirage.com/entertainment/entertainment_cirque_du_soleil.aspx

ビートルズの曲がいいのと、それにマッチした空中ショー
は見ものです。

ラスベガスに行かれたら、必見ですよ。

2007年1月15日 (月)

Doctor, You Are Fired By Jim Jen

これは中国系アメリカ人のJenさんの自伝です。

You are fired というのはアメリカではよく
言われるフレーズで、「あなたは首です。」と
いうことです。

「医者を首にする」というのはどういうことが
起こったのでしょうか?

Spring arrives early in the deep South.

The end of February 1979 was no exception.

We were joyful in becoming grandparents for
the first time with the news of Jennifer’s
arrival.

Of course, we must leave the warmth of
Georgia and help out our eldest daughter
in Cincinnati.



We were pleased to see that our granddaughter
had the best genes from each side of the
mixed race marriage.

She was a precious jewel in our eyes.

However, after just a couple days in Cincinnati,
and even before we had settled down to take
care of our grandbaby, a phone call came from
our second daughter’s husband, Mike.

He was very much upset and told us our daughter,
Isabel, was in a hospital in Atlanta.

He asked us to come as soon as possible.

Isabel had a serious kidney illness; indeed,
we should be there to talk to the doctor.

We knew from his voice that the situation was grave.

We booked the next flight to Atlanta.

Isabel was almost non-recognizable with her
enormous swelling of the face, body and limbs.

She could barely open her eyes because of the edema.

We were able to talk to the kidney specialist
doctor, Dr. Lieberman, who authoritatively
told us that Isabel had a kidney disease called
Nephrotic Syndrome.

The etiology was unknown.

There are many sub-types of Nephrotic Syndrome
and the severity and the chances of cure vary
very much to the sub-type.

In general, children below 10 years old have a
greater chance of getting cured.

Adults over 20 years old have poor prognosis.

Isabel was 23 years old.

Most likely, both kidneys are affected by the
same toxin which is the culprit triggering the
destruction of the self immune system in the body.

Therefore, an operation to remove one kidney
is not an option.

A kidney transplant might be an option but the
risk of having the new kidney infected by the
same toxin was high.

He further explained that the cells in her
kidney that selectively passed waste material
while stopping the passage of essential blood
and protein molecules were damaged by the
disease process.

The damage was not reversible.

The standard treatment regimen was to inject
high doses of cortisone to activate the body
functions.

Some patients responded to this treatment partially.

Regardless, we had to wait for the results of
the needle biopsy to be done on her kidney next day.

2006年7月22日 (土)

カリフォルニアでバイク事故が増えている訳

グローバル・シーでは2005年1月より【音声付
NY TIMESの要約を読んでみよう】というメルマガを
発行しています。

http://www.mag2.com/m/0000149835.html

今日は最新号の記事から抜粋させていただきます。

カリフォルニアでは2001年以来バイクの事故は
40%も増えているようです。

私がアメリカに14年駐在していた時はバイクを
乗っている人は少なく、バイクに乗っている人の
ステレオタイプ・イメージは、ハーレーのバイクに
乗って革ジャン・黒サングラスのいかつい人と
いうものでした。

何故、バイクに乗る人が増えたのでしょうか?

確かに今年4月にアメリカに行った際にガソリンの
値段の高くなっていることに驚きましたが、車より
燃費のいいバイクに乗り換える人が出ても不思議
ではありません。

特にシリコンバレーは交通渋滞が起こりやすいので、
カープールレーンをバイクで走ろうと考える人が
増えているというのは納得できます。

二人以上乗っているとカープールレーンを走れますが、
大部分の人は通勤では一人で乗っているので、渋滞
した車線しか走れません。

それで、通勤時に他の交通機関を待っている
見ず知らずの人を乗せて会社に行くという人も
多かったです。

バイクの増加理由は納得できますが、事故が増えて
いるので、気をつけて走ってもらいたいものです。

ご参考までに要約記事の本文を掲載します。

【Passage/本文】

A motorcycle has never been for the faint
of heart - free spirits of all sorts have long
enjoyed breathing the fresh air outside the
“cage”of a car while zipping around the
turns of a mountain road.

Motorcycle sales in the state of California
have jumped about 40 percent since 2001,
spurred partly by drivers seeking relief from
rising fuel costs and congested freeways.

As a bonus denied to car drivers in California,
motorcyclists can ride between cars when
traffic is backed up, and they can use the
car pool lane even while riding solo.

More than one million Californians are now
licensed to drive motorcycles in the state,
compared with about 865,000 in 2001.

But lately, motorcycle riding has lost some
of its carefree personality.

All those new riders - many of them revving
a new generation of more powerful bikes -
combined with more challenging road
conditions have contributed to a significant
rise in accidents.

Jay, a rider of more than 40 years, says that
while bikers have always had to watch out
for inattentive car drivers, a big problem
now is all the inexperienced motorcyclists.

“You’d be surprised how many people you see
coming to a stop and falling over. They say,
‘I forgot to put my feet down’”, explained
Jay.

Veteran riders can spot the newcomers easily,
he said ・they shake, hesitate in turns,
brake a lot or ride too closely to other bikes.

Motorcycle accidents are so common here that
even Gov. Arnold Schwarzenegger, a longtime
rider, was involved in one.

While riding his Harley-Davidson in January
with his 12-year-old son in a sidecar, he hit
an S.U.V. pulling out of a driveway and cut his
upper lip, which required 15 stitches.

Last month, the California Highway Patrol
began a campaign to alert car drivers to watch
out for motorcycles, noting that the number of
motorcycle crashes rose 31 percent in the
state while those of other motor vehicles
went down.

Many riders still see car drivers as Enemy
No. 1.

Car drivers, in turn, say bikers are the
dangerous ones and commonly complain that
motorcyclists ride too fast and too erratically.

Longtime riders remember when motorcycling
was more relaxing - fewer cars, not as many
brand-new riders getting into trouble and
no helmet laws.

Despite the tougher environment and their
own misgivings - some motorcycle riders refer
to themselves as organ donors and their bikes
as murdercycles - the one thing many bikers
won’t do is quit.

内容をより分かりやすくするために5つの質問を
しています。

【Content Questions/内容についての質問】

1 How many more motorcyclists are on the road
 today in California compared to 5 years ago?

2 What has contributed to the increase?

3 What has resulted from the increase of new
motorcycle drivers?

4 How can one spot a new motorcycle driver?

5 While motorcycle accidents have increased
what has happened with the accident rate
of cars?

ご参考までに回答を載せます。

【Answers to Content Questions】

1 There are 40 percent more motorcycle drivers
 today.

2 High gasoline prices and congested highways

3 There have been significantly more accidents.

4 They shake, hesitate in turns, brake a lot
 or ride too closely to other bikes.

5 While motorcycle crashes rose 31 percent in
the state, those of other motor vehicles
went down.


グローバル・シーではポッドキャスティングで
過去の音声ファイルを公開しています。

NY TIMESの要約を読んでみよう!Podcasting

 http://e-e-learning.seesaa.net/


注)このメルマガの録音を担当しているものが
風邪のため、この録音ファイルのUploadが遅れます
ことをご了承ください。

2006年5月 8日 (月)

HONDAのプロモーションビデオ ぶらぼー

アメリカの友人にHONDAの面白いプロモーション
ビデオを紹介してもらいました。英語での解説も
お楽しみ下さい。

http://www.albinoblacksheep.com/flash/honda.php

>TURN SOUND ON. This is unbelievable.
>And you thought those people that set up a room full of dominos to knock
>over were amazing.
>There are no computer graphics or digital tricks in the film. Everything
>you see really happened in real time exactly as you see it. The film
>took 606 takes. On the first 605 takes, something, usually very minor,
>didn't work. They would then have to set the whole thing up again. The
>crew spent weeks shooting night and day. By the time it was over, they
>were ready to change professions. The film cost six million dollars and
>took three months to complete including full engineering of the sequence.
>
>In addition, it is two minutes long so every time Honda airs the film on
>British television, they're shelling out enough dough to keep any one of
>us in clover for a lifetime. However, it is fast becoming the most
>downloaded advertisement in Internet history. Honda executives figure
>the ad will soon pay for itself simply in "free viewings" (Honda isn't
>paying a dime to have you watch this commercial!).
>
>When the ad was pitched to senior executives, they signed off on it
>immediately without any hesitation - including the costs. There are six,
>and only six, hand-made Honda Accords in the world. To the horror of
>Honda engineers, the filmmakers disassembled two of them to make the
>film. Everything you see in the film (aside from the walls, floor, ramp
>and complete Honda Accord) is parts from those two cars.
>
>The voiceover is Garrison Keillor. When the ad was shown to Honda
>executives, they liked it and commented on how amazing computer graphics
>have gotten. They fell off their chairs when they found out it was for
>real.
>
>Oh. and about those funky windshield wipers. On the new Accords, the
>windshield wipers have water sensors and are designed to start doing
>their thing automatically as soon as they become wet. It looks a bit
>weird in the commercial.
>
>Click here:
>
> http://www.albinoblacksheep.com/flash/honda.php

時差ぼけ解消は必要?

アメリカ(Pacific)と日本の時差は通常であれば
17時間日本が先行し、サマータームの時は16時間
日本が先行しています。

http://www.miyaco.com/time_table.html

ちなみにサマータイム(Daylight Saving Time)は
毎年4月の第一日曜日で、終了は10月の最終日曜日
です。

サンフランシスコにいた時は、日本時間で午前8時が
午後3時(通常4時)になるので、日本とアメリカで
通常業務時間が2-3時間重なり、FAXやeメールでの
交信が容易でした。

ただ、アトランタに事務所を移した後にはEastern
のタイムゾーンとなって西海岸との時差が3時間あり、
日本との時差も通常であれば、日本が14時間先行し
重複業務のために残業が必要となったことを覚えて
います。

今回アメリカに出張し、アメリカでは時差を感じない
生活ができ、日本に帰国してからはそれまで日本では
午前3時か4時に寝て、午前9時か10時に起きていた
生活を、午後9時か10時に寝て、午前3時か4時に起きる
生活に改善することができました。

大部分がインターネットビジネスをやっているので、
どうしても夜型になる生活をしていましたが、今回の
出張で何故かしら6時間時間がずれて、丁度いい生活
リズムに改善することができました。

この生活リズムが何時まで続くか分かりませんが、
これもアメリカ出張のいい土産となっています。


2006年5月 7日 (日)

商談(4)その他

今回の訪米は1週間くらいでしたが、シアトルでは
日本酒関係の展示会やレストラン関係や日本人会の
方と知り合いになれ、在シアトル総領事館での
Hyogo Premiun Sake Tasting Receptionにも出席
できて非常に有意義でした。

特に兵庫県ワシントン州事務所の方々には非常に
お世話になりました。日本の商材をアメリカに入れる
ことも考えていますので、今後いろいろご相談に
乗って貰えそうな人脈もできたと思います。

また、シアトルでは装飾関係の業者と面談でき、
まだ具体的な名前を挙げれませんが、商談がうまく
運びそうな気配があり、サンフランシスコでも
サプリメント関係で、業者と打ち合わせをしながら
会食することができました。

やはり、メールでやり取りしていては気付かないこと
もあり、直接会ってその会社の責任者の人柄に触れる
ことはどんなビジネスでも非常に大切であることを
再確認しました。

友人の中には、ワインを販売している知り合いが
居るので、ワインを販売してはどうかと言ってくれたり、
アメリカで車のカーペット関係で販売する業者を
知っているので、紹介してやるといってくれたりする
ので、今後もアメリカとの繋がりが持てることが
非常にうれしく、それら友人が私の一番の財産です。

起業してからもうすぐ2年になるので、何とか1本柱を
作りたい今日この頃です。2006年は今回の出張で得た
事業を軌道に載せるべく頑張る所存です。また進展が
あれば、ブログに書くことにします。

商談(3)Gem Shavings

シアトルに行った際に、Gem Shavingsの社長さんに
会いました。

この会社の社長さんはeメールが嫌いで、初めて
Gem Shavingsにペット用の床敷き材で問い合わせを
した際には、直接日本に電話をかけてきました。

eメールでは真意が伝わらないというか堅物な
思考をされており、電話で1時間近くも話し込んだ
記憶があります。

今回、シアトルで会ってみて自分の主義を変えないと
いうか一本筋の通った人でした。

日本でペット関係でも販売したいと言って販売を任せて
もらっていろいろ当たりました。犬や猫用であれば、
コンテナベースでも需要があるようですが、対象が
小動物用ですので、まとまった購入先が見つからず
苦戦状況でした。

いきなり販売不振を責められるのかと思いきや、
なんでも協力するから言ってくれと言われて、また
日本での販売をやり直す気になりました。

ワシントン州の懐の深い経営者に会えた気がしました。

http://gemshavings.com/index.html


2006年5月 5日 (金)

商談(2)AmEnglish

AmEnglish社の責任者の方とははじめて会いましたが、
温厚な人柄の人でした。

グローバル・シーはAmEnglish社の日本総代理店を
1年以上やっていますが、販売が思わしくないにも
かかわらず、前向きな話ができました。

日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」という書き
かただと、「個人向けに販売を進めたが、競争が
激しく、顧客のニースをつかむかとができなかった」
ことになるのでしょう。

AmEnlgish社はTOEICやTOEFLのテストを作っている
ETS(Educational Testing Service)と唯一教材を
制作している会社ですが、その優位さをなかなか
生かすことができませんでした。

この度、TOEICやTOEFLのシステムが変わり、それに
あわせて3つの新しい教材を出すと共に、AudioBookや
iPodにも対応した製品を上市してとの話がありました
ので、今後は大学向けや会社向けに販売を進めていく
予定です。

Xt1gubmo


Nqwqsr2y


Bonwp02o


HP等アップしたらご連絡いたしますので、乞うご期待下さい。


2006年5月 2日 (火)

商談(1)Phlash

今回の出張で一番の成果は、Phlashの総代理店に
なれたことです。
http://www.phonephlash.com/index.html

たまたまメルマガの記事で紹介されていた携帯電話
のストロボのようなPhlashに興味を持ち、その会社に
取扱を希望する旨のeメールを出したところ、翌日に
その会社の社長から電話がかかってきました。

それからeメールのやり取りを始めましたが、今回
シアトルに行くついでがあったので、ロスからSFに
来てもらって社長と会う事になりました。

Phlashはシンガポール、中国、マレーシアで生産
されており、価格は29.95ドルで多少高め
ですが、他に類似商品がなく、誰でも簡単に携帯で
写真が撮れるので、画期的な商品です。

実際に手に触れてみると、やや分厚いイメージが
ありましたが、特許に守られたハイテク製品で、
光が四方四箇所に照らされるため、平均化した
いい光源になっています。

社長から言われてwww.phlash.jpのドメインも
取得しましたので、Yahoo!ショッピングや
Yahoo!Auctionと共に販売活動を始める予定です。

日本価格は税込み送料込みで3,980円に
設定する予定です。

乞うご期待下さい。

San Francisco(2) Larkspur

San Franciscoでは2泊3日の短い滞在でしたが、
商談の合間を縫って友人と会うことができました。

一人の友人は元弁護士でしたが、その後投資銀行に
勤務し、今では8名のスタッフを抱える投資バンク
(M&Aコンサルタント)をやっています。
Euxjhx3t

その日も7時過ぎまで仕事を抱えていたので、
住まいと事務所のあるLarkspurまでフェリーで
行ってきました。

マリンカウンティは金持ちが多く住んでおり、閑静な
たたずまいでした。http://www.ci.larkspur.ca.us/

友人は日本通で、以前はMazdaのRX7に乗っていました
が、曰く何も問題のない車ということでLexusに衣替え
していました。

いつかその友達と一緒に日米でのM&A案件をやることを
期して帰路につきました。

3dskxrsc
うっすらとコイトタワーが見えます。
Kephljze
SF地震で被害のあったベイブリッジです。
E8xz6ynk
三角形のとがったビルがトランスアメリカピラミッドで、
サンフランシスコのシンボルです。