Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

サッカー Feed

2006年9月21日 (木)

Ryder Cup

Ryder CupがアイルランドのKildareカウンティ
のStraffanにあるThe K Clubで9月22日から
24日まで開催されます。

アメリカ対欧州と言う感じなので、日本には
なじみが薄いと思いますが、個人競技である
ゴルフの団体戦なので、アメリカのゴルファー
にとっては出場することが大変名誉で、この
出場資格はポイント制できっちり計算されて
います。(2名のキャプテン推薦もありますが。)

前回(2年ごとに開催されます)は欧州が
勝っているので、アメリカ代表は何とか雪辱
したいと燃えていると思います。

アメリカ選手は
http://www.golfweb.com/tournaments/rydercup/teams/us

欧州の選手は
http://www.golfweb.com/tournaments/rydercup/teams/europe

2006年9月22日(金) 第1日
「ペア・マッチ」 フォーボール 4試合・
フォーサム 4試合

2006年9月23日(土) 第2日
「ペア・マッチ」 フォーサム 4試合・
フォーボール 4試合

2006年9月24日(日) 第3日
「シングル・マッチ」 シングル・マッチ
12試合

あなたはどちらのチームを応援しますか?

2006年8月11日 (金)

オシムJapanを応援します。

凄く期待したドイツワールドカップ惨敗の
ショックも萎え、自身のブログも【サッカー 
ワールドカップへの道】とタイトルを
変更し、4年後のワールドカップでの活躍を
応援するサイトで出直すことにしました。

http://blog.livedoor.jp/nachan003/

幸い、オシム監督となってからの初戦も
勝つことができ幸先のいい出足となって
います。

http://www.jfa.or.jp/daihyo/daihyo/games/2006/kcc_2006/060809/index.html

長い道のりとなりそうですが、今後とも
オシムJapanを応援しますので、よろしく
お願い致します。

皆様も気を取り直してサッカーを応援
しましょう!!

まずは、Jリーグを盛り上げましょう!
http://blog.livedoor.jp/nachan003/

2006年7月14日 (金)

ワールドカップ総括

◆今大会は、ブラジルチームの前評判が高く、みんなが
ブラジルが優勝すると思っていましたが、今大会で
引退をするジダンを中心としたフランスに破れ、敗退
しました。通常、前評判の高いチームは優勝しないとの
ジンクスがあり、今大会もそれを象徴した形となりました。

◆日本チームは、サッカー ワールドカップへの道
 (語学編)
のブログでセルジオ有吉氏が
【今のままではW杯で勝てない】と緊急寄稿してくれた
ように、戦略的な選手選びができなかった点が敗因では
ないかと思います。

◆国際サッカー連盟(FIFA)は日本のランキングを
18位から49位に下げましたが、今の実力からして
それくらいではないかと思います。日本の報道も
客観的に日本の実力を評価せず、日本国民にW杯で
予選を勝てるような気持ちにさせたので、失望も
大きかったと思います。

◆前回の2002年で日本がベスト16となったこと
から、国民の多くが日本のサッカーは世界レベルである
と思っていましたが、前回は開催国のアドバンテージが
大きくその後進化しなかったので、今大会で世界に通用
しないことが明らかになりました。

◆今大会は、ドイツで開催されたこともあり、ドイツが
健闘し、ベスト4はすべて欧州のチームとなりました。

最終戦でMVPのジダンが暴力行為で退場となったのは
ショッキングでしたが、イタリアとフランスの試合も
守備がしっかりした見ごたえのあるいい試合でした。

◆日本の攻撃力不足から、点の取れるスーパースターの
待望が望まれていますが、W杯を見る限り守備の重要性は
明白で、点数さえ取られなければ、今回のイタリアの
ようにPK戦にまで持ち込んで勝てるチャンスもある訳
ですから、守備の重要性が認識された大会であったと
思います。

追記

まぐまぐから、「サッカー ワールドカップへの道
(語学編)」というメルマガをドイツで開催される
サッカー・ワールドカップを応援できるように語学を
鍛えようという趣旨でスタートし、ドイツに住む
Nachanがドイツのサッカー事情、ドイツの文化や
ドイツ語を楽しく解説してきました。

このメルマガは丁度1年続きましたが、本日をもって
最終回とさせて頂きます。長い間ご愛読頂きまして
誠にありがとうございました。

今後ドイツ語関係は【いーいー語学学習!】で掲載
しますので、ご登録をよろしくお願い致します。

http://www.mag2.com/m/0000155334.html

2006年7月 7日 (金)

ドイツ敗戦の慰め方  By Nachan

◆ドイツチームがイタリアチームに負けてしまって
とても残念がっているファンが大勢います。そして、
気まずくさせるほどサッカーを大事に思っている
ほとんどの人は男性です。

◆その彼らをどうやって慰めればいいかと、
ある新聞記事が皮肉っぽく女性にアドバイス
してくれます。

◆まずは、絶対に口にしてはいけない言葉から
始まります:

「サッカーはゲームでしかないでしょう?これからも
生活は続くからあまり気にしないでね。」

◆しかし、サッカーなんて「ただのゲーム」では
ありません!とても大事なことです。こういう
慰め方では一層、パートナーから理解されない
気持ちが深くなります。

◆「だって、イタリアチームはやっぱりドイツ
チームよりうまかったからしようがないでしょう。
サッカーのことを一切分からない私にさえこれは
はっきりと分かりましたよ。」これももちろん
とてもいけません。

◆自分のチームが優秀だというのは決まり事から
です。例えば負けても。

◆「やっとこの騒ぎが終わりました。じゃ、もう、
残りの試合を見なくてもいいですよね?」という
のはもちろん一番だめなセリフで、夫婦喧嘩に
なるかもしれません。

◆では、どうすればいいでしょう?

◆まず、これは特にサッカーのことをよく分から
ない自分だったら最高の戦略ですが、何も言わない
のがいいでしょう。代わりに、静かに冷やした
ビールを渡して背中をたたけばいいです。

◆主人が怒りやすいタイプなら一緒にイタリア
チームのポスターをダーツの的にすればいいです。

自分がイタリア人はどうでもよくてもこういうふうに
一緒に運動すれば雰囲気が明るくなるはずです。

◆また、主人が汚い言葉をいっぱい口にすれば
いつものように怒ってしまうのではなく、今回
だけは許してあげればいいでしょう。延々と続く
試合の分析なども静かに聞き流せば相手の気が
楽なります。

2006年6月26日 (月)

日本のワールドカップ敗退の反省

セルジオ有吉氏がサッカー ワールドカップへの道
(語学編)に緊急警告として、選手選考前に「今の
ままではW杯に勝てない。日本はグループリーグ 
3連敗」という大胆な提言をしてくれました。

http://blog.livedoor.jp/nachan003/archives/cat_50027668.html

今読み返してみると、セルジオ有吉氏の見識が正し
かったことが分かります。

みなさんも4年後の南アフリカでのW杯に備えて
どのようなことをしないといけないかのヒントと
なると思いますので、再度読み返してみてください。

2006年6月23日 (金)

日本のW杯予選敗退

日本のW杯F組予選の結果は、オーストラリア戦では1:3、
クロアチア戦では0:0、ブラジル戦では1:4で4チーム中
最下位でした。

日本選手もW杯に向けていろいろ頑張ったと思いますが、
どこが悪かったのでしょうか?

考えられる原因を書いてみました。

1)思うに精神的なところがまだまだ弱いのではないで
しょうか。

初戦でも1点取って有利に展開していたのに、同点と
されてから気が動転してしまい残り10分で3点も取られ
てしまいました。

ブラジル戦でも同点とされてから、体より頭で先に
考えてしまって、あきらめてしまうような所が感じられ
ました。

守備も完全に守りきるというところの最後の精神的な
一線が甘いような気がします。

2)選手交代が下手だったのではないか?

サッカーは11人で戦う競技ですが、3人交代できると
いうルールを戦略的にうまく使っているとは言い難い
状況だったと思います。

初戦では疲れている選手をうまく代えておけば、失点も
防げたと思いますし、元気な選手を2人同時に入れれば
別の展開もあったと思います。

3)ラッキーボーイを作れなかったこと

短期決戦では、ラッキーボーイがでれば、勢いに乗れる
ところがありますが、今回の大会ではラッキーボーイを
作ることができませんでした。

4)選手起用が良くなかったのではないか?

得点効率のいい大黒を何故最初からプレーさせないのか、
疑問です。点が取れないのに柳沢や高原を何試合も
出場させる意味がよくわかりません。

また、選手起用でも聖域を作っていて、旬を過ぎた
選手は例えビッグネームでも外す勇気がほしかったと
思います。

5)もっと点が取れるようなチームにする必要がある。

次のW杯に勝つためには、フォワードを強くしてもっと
点が取れるような選手や戦術を作る必要があるのでは
ないか。

今回もあと1点が取れておれば、別の展開があったと
思います。


反省点はいろいろありますが、日本敗退でW杯が
終わった訳ではなくこれから決勝トーナメントを
客観的な立場で見ることができますので、7月9日の
決勝戦まで、世界レベルのプレーを楽しみたいと
思います。

皆さんも気を取り直してW杯を楽しみましょう!!

Enjoy your life!!!

2006年6月20日 (火)

サッカー用語 (2) By Nachan

●さて、ドイツテレビのサッカー用語の知識を深める
ために、面白いサイトを紹介します。

→ http://www.rtsv-fussball.de/downloads/fussballlexikon.swf

●そこは、Fusball-Lexikon fur Frauen というものが
載せてあります。

●この「女性用のサッカー辞典」というのは一見、
女性に失礼ではないかという印象を与えます。

●サッカーの世界では「ほとんどの女性はサッカーが
嫌いだ」という常識があります。

●そして、女性の20%ぐらいは実際にサッカーが
嫌いに違いません。嫌いではないが興味がないのは
さらに40%でしょう。

●たまにテレビで見るのはまた30%で、ファンと
してスタジウムに通う女性は単なる10%に過ぎないと
いってよいでしょう。

●例えば彼の趣味をもう少し理解してあげたいが
基本的なルールまでも分からないから無理だと思う
女性にこの辞典が最高のものです。

●Onlineの辞典ですからただものを読んで説明して
もらうのではなく、いろいろなパスをアニメーションを
もって面白く説明されます。

●このサイトにアクセスしてAbseits (オフサイド)、
passives Abseits(パッシブ・オフサイド),
Ruckpass (バックパス)、Doppelpass(ワンツー)、
Fehlpass (バッドパス)、Konter (カウンター)と
Cross(クロス)のプロセスを見ることができます。

●さて、それぞれの表現をもう少し詳しく説明しましょう。

●Cross と Konter ならおなじみの英語とほとんど
変わりません。

●AbseitsならSeite(側)という言葉が入って、
そしてab(オフ)が前に付けられた言葉です。

●Ruckpass にはご存知のzuruckが潜んでいるので
これも本当は理解しやすいでしょう。

●Doppelpass がダブル・パスというような意味に
なりますが、サイトのアニメーションを見れば
その言い方がすぐ明らかになります。

●最後に、Fehlpass の中にはFehler(間違い)と
いう言葉が入っています。

●サイトのアニメーションをクリックするたびに
ドイツ語のちょっとした説明文が出てきますので、
それを辞書を引きながら読んでみて下さい!


サッカー用語 By Nachan

●ドイツへワールドカップの試合を観に行くと、実際に
ライブで観るのはひとつの試合だけでしょう。

●しかし、面白い試合が毎日つづくのでその他の試合を
ホテルのテレビで見るしかありません。

●その時、リポーターのコメントを少しでも理解した
方が面白いはずですので今回一番基本的なサッカー
語彙の一部を紹介します。

●日本のサッカー用語のほとんどが英語から導入された
ものですが、ドイツのサッカー歴史が長いため、英語の
影響があまり感じられません。

●つまり、日本から馴染みのある言葉を耳に挟むことは
まず期待できないでしょう。

●さて、サッカーチームから始まりましょう。

ドイツ語でMannschaftあるいはFusballmannschaftと
言います。

●中にMann(男)という言葉が入っていますが、これに
かからわず女性サッカーチームもMannschaftと呼びます。
そして、誰もがこれを不思議と思いません。

●では、いつもdie deutsche Mannschaftと繰返して
言うとつまらないので他の用語も備えています。

●例えばdie deutsche Elf(または他の国の場合は
die japanische Elfなどとなりますが)。Elf は
単に「十一」という意味で、それを女性名詞にしたもの
です。

●そして、より「おしゃれ」な英語を使いたい
リポーターもいますので英語のTeamという言葉も
時々聞きます。

●Mannschaftを率いる選手はMannschaftskapitan
ですが、Kapitanという言葉の元の意味は艦長です。

●では、チームのメンバーに話を向けます。

ゴールキーパーがいなければボールがごろごろと
ゴールに入ってしまうのでそこからはじめましょう。

●辞書を引いたらTorwartと訳されるはずです。
これは確かに一番一般的に使われている呼び方ですが、
それ以外にTormannとも、そしてよりきれいに
der Mann im Torとも言います。

●他にファンの注目をあびる選手はストライカーです。
彼らはSturmerと言います。

●この言葉がsturmen(進攻する、荒し回る)と
いう動詞から由来しています。

●そして、Verteidiger(フルバック)もいないと
だめです。Verteidiger(後衛者)という言葉は
サッカーだけではなく法律用語でもありますが、
その場合は弁護人という意味を持っています。

●最後にはMittelfeldspieler(MF、エムエフ)が
います。Mittelfeldは英語のmiddle fieldという
意味で、Spielerは「選手」ということになりますので
覚えやすい言葉でしょう。

2006年6月17日 (土)

サッカー 応援歌 By Nachan

◆サッカーの応援歌は数多くあります。その中に、
サッカーファンでなくても「あら、このメロディーが
分かる!」と思うものが多いです。

◆それは、普通の民謡やポップソングからサッカー
応援歌にされたからです。

◆例えばBayern Munchenという大きなチームの応援歌が
ドイツのポピュラー音楽歴史の中で一番有名と
されているDrafi Deutscher氏のMarmor Stein und
Eisen brichtという歌をまねしています

◆:Marmor, Stein und Eisen bricht, aber unsere
Liebe nicht / Alles,alles geht vorbei, doch wir
bleiben treu

◆(大理石も岩も鉄鋼もいつかは崩れてしまう
けれども我々の愛情はこのままです。すべてが消え
去るのに我々が忠実です)という歌詞のLiebe(愛情)
という言葉だけをBayern(バヴァリア人、または
バヴァリア選手)に取り替えただけでインパクトの
強い応援歌ができたわけです。

◆ポップスの歌を使うのは当たり前ながらも、実は
サッカーとイメージからずいぶん離れている
クリスマスソングさえもよく使われています。

◆クリスマスのメロディーだからこそわざと下品な
歌詞を付けたものが目立ちます。

◆例えば、ドイツでも日本でもおなじみのJingle
Bellsという歌があります。

◆サッカー関係ではKoln(ケルン)のチームを
ばかにする歌にばかされました。

◆:Jingle Bells, Jingle Bells, Jingle all
the way, wir machen aus dem Kolner Dom den
groBten Puff der Welt! 

◆訳すれば「Jingle bells (...), ケルンの
大聖堂を世界一の売春宿にかえよう!」という
クリスマスの正反対な歌詞をつけてしまったわけです。

◆Kolnといえば、この町の特徴をうまくつかんだ
歌がたくさんあります。

◆ケルンはライン川添いの町なのでしょっちゅう
洪水になります。だから、Im Fruhjahr sauft ihr
wieder ab! (来年の春また沈んでしまうよ!)と
いう歌があります。

◆ところでabsaufenというのは「沈む」だけでは
なく「失敗する」という口語的な意味もありますので
相手チームのファンが一層楽しくこの歌を唱えるはずです。

◆また、ケルンはドイツ中にカーニバルという祭りの
中心として有名です。

◆当然に、Ihr seid nur ein Karnevalsverein
(あなたたちはカーニバルクラブに過ぎない)と
いう歌もちゃんとあります。

サッカーボール By Nachan

◆周知の通り、サッカーはドイツ語でFuBball、つまり
フットボールと言います。

◆英語のsoccer(サッカー)という名称よりも
このドイツ語のFusballという言葉から、一個の
ボールがゲームの中心となっていることが明らかに
なります。

◆ドイツ語でちなみに、サッカーボールそのものも
Fusballと言います。つまり、ゲームとその中心と
成る物を同じ名称で呼びます。

◆現在のサッカー試合で使うサッカーボールですが、
とても丈夫でないとだめです:

◆勢い好く蹴られたボールが100キロ以上の速度に
達します。そして、例えばゴールのポストにぶつかる
力が500キログラムの重さに相当しています。

◆また、2000回蹴られても弁やとじ目に変更が
起きてはいけません。

◆三日のうち、ボールの気圧が20%ほどしか
下がってはいけません。

◆ゲーム直前に完全な球形から1.5%変形すれば
このボールを使ってはいけません。

◆そして、まだあります:68.5と69.5センチの間の
円周でないといけませんし、420から445グラムの重さ
でないといけませんし、20グラムの水分をしか吸収
してはいけません。

◆つまり、今時のサッカーボールはハイテックのものです。

◆ドイツ語ではサッカーボールの愛称として
しょっちゅうLeder(革)という言葉を使っています。

◆しかし、最近のボールはけっして革から作られません。
今のボールはポリマーから出来ています。

◆しかしだからといってボールをLederのかわりに
Polymerと呼んでしまえばドイツのサッカーファンは
理解してくれないでしょう。

◆ボールの作成があまりにも難しいので、ドイツの
スポーツ製品メーカーadidas社は特別なFuBball-Labor
(サッカーボール・ラブ)を持っています。

◆W杯用のボールのデザインが完成したので毎日
800個も作っています。

http://www.stadt-koeln.de/fifawm2006/fan_artikel/