Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

2012年1月24日 (火)

ジャパンタウン・フィリピン社はフィリピン退職庁のマーケターに専任されました。

Jtfmarketer

ジャパンタウン・フィリピン社はフィリピン退職庁のマーケターに専任されました。

フィリピンの退職ビザ申請のお手伝いをしていますので、気楽にお問い合わせください。

日本での連絡先は、

グローバル・シー有限会社まで、メール

電話(050-7529-2085)で担当者(稲岡)に

ご連絡ください。

米独日に吹くグローバリゼーションの順風

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5452

グローバリゼーションの罠に陥るな

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/528

時に世のため人のためになるグローバリズム世界をつなぐ鎖と絆~激動の2011年を振り返る(3)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/32822

グローバル化でなぜ格差は拡大するのか

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/28663

日本の若者だけ取り残される?世界の学生は中国でハードに勉強

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/25825

1937年不況の再現を回避する方法

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/18445

境目の見えなくなった現実と仮想空間

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/23960

2011年10月19日 (水)

フィリピンで退職者ホームの販売を始めました。(6)

Japan Town Philippines社ではセブ島でも
1ベッドルームの販売を行なっています。

セブ市はマニラの南にあります。

今回ご紹介するプロパティはMactan島とうところにあり、橋で
セブ市につながっています。
Image0950


このプロジェクトの外観をご参照ください。

20コンドミニアムのみが残っていてそれ以外は完売です。


Image0948


今回ご提案するのは、この20の1ベッドルームの部屋です。


Image0947

完成の部屋の状況は下記のようなものです。

Image0949

弊社のコンセプトは、同じく区画に日本人ばかり住むジャパンタウンのような
ある程度気心のしれた人ばかりが住めるような地域を作ることです。

日本語が通じで、安心・安全な社会を日本以外の地でも構築するのがコンセプトです。

ご興味のある方は、グローバル・シーにお問い合わせください。

まずは、4-5カップルが揃いましたら、フィリピンへのツアーを組んで、候補地をご案内いたします。

一人あたり、16万円で、3泊4日で全てをお見せします。

フィリピンで退職者ホームの販売を始めました。(5)

今回ご紹介するクラークの5ベッドルームの内部の写真です。

まずはプールから

Imag0515


プール脇にはサウナもあります。
Imag0518

コンドの2階からの景色


Imag0537

コンドの2階から共同使用の居間


Imag0551

コンドの玄関地域

Imag0572

共同のダイニング

Imag0561


各部屋はこんな感じです。
Imag0522


5ベッドルームの一軒家ですが、ここに4家族が共同生活、掃除、洗濯はすべてメイドが行い、
3食付きです。1台共有の運転手付き自動車を完備し、近くへはどこでも連れていってもらえます。

料金は、レントが月$1000、食事他がお一人の場合$1000、ご夫婦の場合は$1500です。

その他、Japan Town Philippines社のメンバーになるのに、ひとり3万ドルです。それだけでこの快適な
生活が始まります。

ホテルの横には、カジノもあります。敷地内にはテニスコートもあります。

Imag0591

近くには、名門ゴルフ場もあります。