Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2009年1月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月23日 (月)

韓国での偽札事件について

今日は少し呆れたニュースを。

先日韓国では驚く事件がありました。

何があったかと言うと、偽札事件です。

偽札事件と聞くと、アメリカ、日本など、よく耳にしますよね。

昔は組織による犯行が多かったものですが、最近ではコピー機そしてパソコンの発達で一般人が偽造紙幣を使用する事件も増えています。

しかし私がお話する事件は事情が違います。

では一体どう事情が違うのでしょうか?

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

知っている方がいるかも知れませんが、その偽造紙幣を作ったのは何と警察だったのです。

どうですか?

驚いたのではないですか?

日本でも警察官による事件があるので、警察が偽札を使用してもおかしくないと思う方もいることでしょう。

実はこの話にはある事件が絡んでいるのです。

ではそのいきさつを、お話しましょう。

この事件の原因となったのが、ある誘拐事件でした。

ある店のオーナーが何者かに誘拐されたのです。

誘拐して犯人が要求する物と言えば何でしょうか??

そう身代金です。

この事件の犯人も予定通り、人質の家族に身代金を要求したというわけです。

そこで警察は頭を使い、偽札を準備したわけです。

身代金を渡す際に犯人を検挙できればOK。仮に取り逃がしたとしても、偽札ですので使えば足がつくというわけです。

どう転んでも警察は拍手を浴びる筈でした。

しかし犯人はその偽札を堂々と使用したのです。

騙された人も意外といたので、結構精巧だったようです。

約2週間後、犯人は捕まりましたが、出回った偽造紙幣は約700枚。

うーん、何と言うか…何も言うことはありません…

韓国のある店について

日本でお馴染みの店に100円ショップがあります。

初めて目にしてから、かなりの月日が経ったような来ますが今ではどこにでも探すことができます。

昔の100円ショップといえば、質の悪い商品ばかりでしたが最近では品質も良くなってきている上、品揃えも豊富になりました。

私もちょっとした物を買うときによく利用しています。

おそらく利用したことがない人はいないのでは?

では韓国にも100円ショップはあるのでしょうか?

おそらく韓国旅行をした方であればご存知でしょう?

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

正解から言うと韓国にも100円ショップは存在します。

100円というよりは1000ウォンショップと言ったところでしょうか。

韓国の100円ショップは日本ほど歴史は深くありませんが、目に付き始めてからはかなり経ったような気がします。

当初は100円ショップというよりは小さな雑貨屋のような形でした。

その上、品揃えも品質も良くはありませんでした。

しかし最近では日本と同様に、品質は向上・品揃えも豊富になり、店舗も多くなりました。

日本の某企業も韓国へ進出したほどで、その企業は大きな店構えと豊富な品揃えで韓国人を魅了しているのです。

しかし…

日本では100円の筈が韓国では200円だったりすることも少なくありません。

輸入したため手数料がかかったためでしょうか?

やはり100円ショップに行くなら日本かも知れませんね。

韓国の凶悪犯罪について

今日は韓国でも話題になっている話です。

それは最近韓国のマスコミを騒がしているのですが、ここでは書けないほどの凶悪犯罪でした。

数年にわたり同様の事件が起きていたのですが、先日その犯人がついに捕まったのです。

韓国で起きた事件は時折、日本でも放送されるので知っている方も多いと思いますが、犯人の顔は公開されません。

野球帽にマスクといった姿でマスコミの前に現れ、簡単なインタビューを受けるのです。

犯人がカメラの前で、犯罪を起こした理由を聞かれているのは何か変な気がしますが…

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

その後犯人の顔は公開されず、2枚目で好印象だったという人相の特徴だけが発表されました。

しかし時間が進むとともに、放送局独自の判断で顔写真を公開するところも出てきたのです。

その放送局いわく、凶悪犯罪を犯した者の顔は公開すべきだという自論でした。

これは社会に波紋を生み、法の改正も検討されだしたのです。

しかし人権侵害だという市民も意外に多く、犯人を応援する某団体まで登場しました。

確かに犯人の人権はあると思いますが、遺族のことを考えると少し時期尚早だったのではないかとも思います。

皆さんはどう思いますか??

花粉について

今年も2月に入りましたが、皆さんの中には暖かくなるのを素直に喜べない方がいるのではないでしょうか?

暖かくなって活発になる、例の厄介者のためです。

その厄介者とは花粉です。

実は私も花粉のアレルギーがあり、春先は本当にマスクが離せません。

一度花粉の対応に失敗すると、数日は鼻水が止まらないほどです。

しかし不思議なことに、韓国では昔から花粉症の症状があらわれたことはありません。

おそらく私の体がアレルギー反応を起こす花粉が、韓国半島には飛散していないのでしょう。

しかし…

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

先日意外なニュースを耳にしました。

それは…

ここ数年、韓国半島でも花粉の飛散が増加しているということでした。

それに伴い、各種アレルギー反応を発症する患者も増えているのです。

韓国でも日本のように、春先になるとマスクをつけた人たちを見ることになるかも知れませんね。

ところでこれは、先ほどお話した地球の温暖化が原因なのです。

最近では二酸化炭素を減らそうと、世界的にも活動をしているようですが、成果はまだ現れていません。

この先地球はどうなるのでしょうか?