Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2008年12月 | メイン | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

韓国の本屋について

皆さんは韓国の本屋に行ったことはあるでしょうか?

私は日本、韓国ともに本屋の近くを通りかかれば立ち寄ってしまいます。

もちろん自分の好きな分野の本しか読みませんが、新しい情報を得ることができる上、時間を潰すにももってこいですから。

しかし両国の本屋を比べると大きく違う点があります。

それは何でしょうか?

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

違う点、それは立ち読みの仕方です。

最近日本ではラッピングをしている本も意外に多く、見たくても見れない場合がありますよね。

本を購入する立場からすると、多少味見をしてみたいところですが。

ただラッピングしている本の大半は、週刊誌や漫画など内容の想像がつきやすいものばかりなので、大きな不都合はありませんが。

参考書や資格書などまでラッピングされたときには、文句を言う人も出てくるでしょうね。

これに対し韓国の立ち読みは非常に大胆です。

どのように大胆かと言うと、意外に多くの人が地べたに座り込み、本棚にもたれ掛かって読んでいるからです。

中には数冊の本を山積みに、地べたに積んでいる人もいます。

しかしこれは軽いジャブ。

時折、参考書を見ながらメモをとっている人もいるからです。

つまり本屋が図書館化してしまっているのです。

なので韓国で本を購入する際には、汚れていない綺麗な本を選ぶのが良いかも知れません。

韓国のインターネットについて

前にも話したことはありますが、韓国はインターネット大国です。

日本も数年前と比較すれば格段にインターネットが普及したとは言えますが、色々な面でまだまだ不便なところもたくさんあります。

ではこの韓国のネット状況は世界的に見るとどうなのでしょうか?

先日、国際電気通信連合によって超高速インターネットの普及率が発表されましたが、その結果を見てみましょう。

この普及率は100人あたりの超高速インターネット加入者の比率を調査したもので、○○人/100人という値で発表されました。

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

超高速インターネット普及率
順位 国名 普及率(100人あたり)
1 デンマーク 36.3
2 アイスランド 34.8
3 オランダ 33.5
4 フィンランド 33.3
5 スイス 32.1
6 韓国 30.6
7 ノルウェー 29.0
8 香港 26.1
9 スウェーデン 25.9
10 イギリス 25.6


という結果でした。

韓国は6位に入ったようです。

それ以外の国を見てみると、ほとんどがヨーロッパの国々ですね。

ちなみにアメリカはというと19.8人を記録し、24位にとどまったとか。

アメリカというと常に先頭を走っているような気がしていましたが、意外なものです。

日本の某ポータルサイトでも話題になったお話

韓国に行ったことがある方はご存知だと思いますが、韓国の食堂は日本と少しシステムが違います。

それは注文したメニュー以外に基本のおかずが出てくることです。

場所によってはキムチ、野菜のおひたし、わかめスープなどなど、その種類は店によって違います。

初めて食堂に行った時、びっくりしたのではないでしょうか?

しかしそれ以上に日本人がびっくりするのは、それらがおかわり可能ということです。

日本では想像もつきませんが、食事中に不足ならば無料で追加してもらえるのです。

育ち盛りにはもってこいですよね。

しかし、こういった文化が生んだ副産物があります。

それは一体なんなのでしょうか?

■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

その副産物とは、リサイクルです。

リサイクルと聞くと『地球に優しい』とつい思いがちですが、そうではありません。

最近韓国社会で問題となっているリサイクルとは、食べ物のリサイクルなのです。

お客さんが残したおかずや、ご飯などを再利用するわけです。

私もニュースや、番組で何度となくその映像を見たことがありますが、まさに鳥肌ものでした。

全ての食堂がそうではありませんが、良心の無いオーナーが経営する店では当然のように行われているようです。

私の場合、日本での生活で食中毒の経験は一度もありませんが、韓国では3、4回食中毒の経験があります。

回数を重ねるにつれてその症状は緩和していくのですが、本当に精神的、肉体的に辛い病気です。

腐敗した食事を摂取した数時間後、体調に変化が現れ急激に悪化するのです。

症状はというと、高熱に下痢、嘔吐、悪寒、そして体の節々の痛みです。

初めて経験した時は、応急室に行ったほどで、体の弱い人は命を失うこともあるとか。

そこでソウルでは、このようなリサイクルをなくそうと、反リサイクル運動に参加する店が増えているようです。

そこに参加している店では、店頭に大きなゴミ箱を配置し、そこに残飯を捨てるようにしているとか。

そうすればご飯やおかずが混ざって、リサイクルが不可能になりますからね。

ただ目の前に残飯の山があるというのも、少し考え物ですが。

また他の店ではおかずなどの無料提供を止め、有料化するところも出てきているようです。

そうすれば必要以上は注文しないですからね。

前者は目の前にゴミ箱がある訳ですから少し考えものですが、後者の方法はいいかも知れません。

それ以上に最善の策は、お客さんが残した残飯を一つの皿に集めてしまうことでしょう。

残り物のおかずや、スープ、肉などを一つの皿にまとめると店員が片付けやすい上、リサイクルが不可能ですから。

2009年1月 9日 (金)

韓国の暖房設備について

今日は韓国の暖房設備についてお話します。

韓国の冬は非常に寒く、暖房なしでは過ごす事ができません。

ではどんな暖房設備を使用しているのでしょうか?

皆さんはご存知ですよね。

そう「オンドル」という床暖房方式が使用されているのです。

日本でも寒い地域で床暖房が使用されているところがありますよね。

これを韓国語では 온돌 と表記します。

つまり暖かい石という意味なのです。

現在は主にガスを燃料としたオンドルを使用していますが、昔は違いました。

 
■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

 

 

では今とどう違ったのでしょう?

実は昔は、かまどの熱を利用していました。

つまり釜戸の熱を、料理と暖房に利用していたのです。

釜戸の熱を料理だけに利用するのでは、熱の利用効率が悪いものです。

大半が空気中に逃げてしますので、それを活用しようというものなのです。

人間というものは頭がいいものですよね。

そして現在のオンドルはというと非常に便利になり、都市ガスを利用したオンドルが大半です。

つまりガスボイラーから出た配管を床下に張り巡らせ、そこに温水を流す訳です。

このオンドル、便利になりましたが大きな弱点があるのですが一体なんでしょうか?

それは凍結です。

配管内の水が寒さにより凍結し、配管の破裂を招くのです。

そのため冬には外出する際にも床暖房を付けっ放しで出かけることも多く、ガス代が高くついてしまう事もしばしばなのです。

2009年1月 7日 (水)

韓国の正月のお話

今日は新年ということで正月のお話をしましょう。

日本は既に昨年末から正月連休に入っていると思いますが、韓国はどうなのでしょうか?

もしこのメルマガが予定通りの木曜日に発行されたのであれば、本日は一月一日

つまり元旦なわけです。

皆さんはすっかり正月気分で、こたつに入ってお雑煮を食べているのでしょうか?

少し古い表現でしたね。

最近はコタツではなくヒーターと表現した方がいいのでしょうか。

では韓国の正月はどうなのでしょう?

韓国では残念ながら年末であってもほとんど、年末を感じることはできません。

その一番の理由が12月の末まで会社勤務する方が多いからです。

韓国の場合はまだ旧暦を採用しているため、年末であろうと国が定めた休日ではないのです。

新暦の元旦である一月一日のみがカレンダーで赤塗りされているだけです。


 
■ e-e-Learning :

このメルマガの発信元

e-e-learning

では韓国語の翻訳および、韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。
韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳をお任せください。

また e-e-Learning では韓国語録音も行っております。
独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。
などなど、発音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。
ネイティブ韓国人が直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホームページへお越しください。

e-e-learning

 

 

なので元旦のみ休んで2日から出勤する方も多いのです。

ですが今年は元旦が木曜日ですので、金曜日を一日休みにして4連休にする会社も多いようです。

しかしこれを聞いて正月休みが一日だけと考えるのは大きな間違い。

なぜなら韓国は旧暦の正月も休日だからです。

ちなみに2009年の場合、元旦は1月26日になります。

そして元旦前後が一日ずつ休日となるわけですので、1月25日から1月27日まで3連休となるわけです。

一年に2回も正月気分を味わえるのですから、羨ましいと思う方もたくさんいるのではないですか?