Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.171 | メイン | 韓国のガソリンについて  By アジョッシ »

2008年6月 2日 (月)

日本での外国人のサイン証明

最近、外国会社の日本現地法人を作る登記を行った際に、
日本では、外国人のサイン証明ができないことが
わかりました。

法務局では、チェコの会社の社長が来てパスポートも
持っているにもかかわらず、その署名が本人であるか
どうかを第三者にしてほしいとの事でした。

私の方で、チェコ政府が発行したパスポートを和訳し、
その証明書にも本人に署名してもらいましたが、
法務局の担当者曰く、チェコ政府・大使館の誰かが証明
した書類以外は受け付けないとのこと。


役人は前例のないことはしないとこのとですが、サイン
証明は世界的に認められているパスポートでも代用できる
という合理的な判断はできないものでしょうか?

外国人で日本に住んでいないと住民登録ができず、正式な
印鑑を持つことはできません。今後、そのような外国人が
日本でも増えてくることが予想され、日本で、サイン
チェックが法務局でもできないのは、致命的なような気が
します。

日本でも外国人のサインが認証できるような公的機関を
作る必要があるのではないでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350123/14210745

日本での外国人のサイン証明を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。