Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

九州に行ってきました(1)

先週末、3泊2日で九州に行ってきました。

えー。2泊3日の間違いでないですか?と言われそうですが、
確かに3泊2日です。宿泊日は金曜日、土曜日、日曜日で
行動したのは、土曜日、日曜日です。

種明かしをすると、実はダイヤモンドフェリーで家族で
九州に行きました。

http://www.diamond-ferry.co.jp/

金曜日の午後8時ごろに六甲アイランドを出港し、土曜日の
朝7時ごろに大分港に着いて朝から行動できました。



今回は家族4名で車も一緒にフェリーで行きましたので、
レンタカーや港へ行くロスタイムも少なく、朝7時から
自家用車に乗ってそのまま九州探索ができました。

仮に飛行機で金曜日に九州へ行ったとしても移動と寝る
だけで、翌日は昼ごろから行動ということになりますので、いかに時間を効率的に使えるかです。

帰りは日曜日の夜7時40分に大分を出航し、月曜日の
朝7時前に六甲アイランドに着きましたので、帰ってきた
日も朝から有効に時間を使えます。(因みに下の子の
終業式でしたが、8時半にぎりぎり間に合いました。)

価格も親子4人プラス自動車込み、2泊移動付で、
8万円ちょっとだったので、大変助かりました。

安さの秘密は、帰り便が40%オフとなる点で、
乗船券を見せると、割り引いてもらえます。
(私は旅行社にお願いしましたが、インターネットで
予約をすると多少安くなるようです。)

子供たちも二段ベットで船の個室の雰囲気を楽しみ、
大満足でした。

食事はバイキング形式で、大人が1500円、子供が
1000円で、たくさん食べたので十分元を取ってきました。

船も瀬戸内海航路で、大きいので、あまり揺れなかった
ので快適でした。

九州では旅館に1泊しただけですが、楽しい3泊2日の旅でした。

関西から九州に行く手段としてフェリーはお勧めです。

2008年3月29日 (土)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.162 ...biz

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: What a Rodent Can Do With a Rake in Its Paw

記者: By SANDRA BLAKESLEE

発行日: March 26, 2008

URL: http://www.nytimes.com/2008/03/26/science/26rodentw.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のトピックは如何でしたか?

動物が道具を使えるようになるプロセスは興味深いですが、それよりも
生まれたときから遺伝子に組み込まれた本能どおりに行動し、種を継続して
いくプロセスには感動せざるを得ません。

【Passage/本文】

Degus are cute, highly social and intelligent rodents
native to the highlands of Chile.

They adorn the openings of their burrows with piles of
sticks and stones, have bubbly personalities and like
to play games.

But in a laboratory setting, degus can do much more
than play hide-and-seek.

In experiments, six degus were put behind a fence with
gaps wide enough to let their forelegs pass through
but not their mouths.

Sunflower seeds were positioned out of reach but a
rake-like tool was placed close by.

Researchers wanted to discover if the animals could
learn to grasp the rake and pull their favorite food
close enough to reach with their mouths.

They were surprised when the rodents learned how to
use tools to eat the seeds.

As the degus became more adept, the experimenters
placed the seeds further away.

The animals had to push the rake around the seed,
twist it and pull.

After two months of practice they learned to
manipulate the rake smoothly and efficiently.

While it has long been thought that tool use is a
hallmark of higher intelligence, this ability may lie
dormant in many animals with good hand-and-eye or
paw-and-eye coordination.

Training them to use tools in captivity provides
insights into the plasticity of their brains and may
shed light on how early humans evolved tool use in
the first place.

In the wild many animals use simple tools---
chimpanzees and crows actually create them.

This is the first time rodents have been trained to
wield tools and other species may soon join them.

Researchers have begun a new set of experiments with
marmosets, a small primitive primate.

2008年3月27日 (木)

韓国の列車について By アジョッシ ...biz

さて今日は、韓国の列車に関してのお話です。

日本で列車と聞くと、いろいろ想像しますよね。

電車もあれば、モノレール、地下鉄、新幹線などなど、種類は多彩です。

それぞれの地域に特色があるように、列車もまた色々な顔をしています。

しかし韓国の場合は、日本のように多彩の列車にお目にかかるのは少し難しいです。

日本が多すぎるのかも知れないのですね(^▽^)

今回、ご紹介するのはKTXという列車です。

韓国でこの列車が走りだしてから、もう数年が経つので、乗った事がある人も多い事でしょうね。

では、まずその列車の写真をみてみましょう

ではこの列車は、どういう特徴があるのでしょうか?

これは、日本の列車に例えると、新幹線のようなものです。

韓国では高速列車とも呼ぶことがあるほどです。

しかし、日本の新幹線に慣れた方には、新幹線と言うよりは、「急行列車」程度に感じるかも知れません。

私も何度か乗った事はありますが、印象は「早くない」の一言で言い表す事ができます。

ただ、他の列車に比べれば早いのですが、停車駅が多いせいか、高速走行する区間はあまり多くないような気がしました。

参考ですが、ソウルからプサンまでの、所要時間をお教えいたします。

これは約3時間。

ソウルからプサンまでの距離が、約450Kmなので、その速度は大体検討が付きますよね。


2008年3月25日 (火)

護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事案(3)...biz

3月21日付艦船事故調査委員会による調査についてを
みると、事故当時の様子が良く分かります。

http://www.mod.go.jp/j/news/atago/pdf/siryou_080321.pdf

9ページの捜索・救助を見ると、次のような問題が指摘
出来ると思います。

1)内火艇が発進するまでに標準時間が7分であるのに対し、
  倍近い13分かかっていること

2)内火艇に潜水員を乗せながら、潜水作業をおこなって
  いないこと。(実際に海上保安庁の潜水員による捜索
  活動は、事故発生から1時間33分後から開始されている。)

3)海上自衛隊関係の三事案に関する懲戒処分等が実施
  されているが、それぞれの担当責務において正しく
  処罰されているかどうか不明。また、処分も甘すぎ
  ないか???

  http://www.mod.go.jp/j/news/2008/03/21a.html

4)調査報告がいろんな点で防衛省を弁護するように
  好意的に書かれている。

5)今のままの体制で、有事の場合に防衛庁は本当に
  正しく対応できるのか?
  
この件、数回にわたってブログに書いてきたのは、
防衛庁が国民を守るという責務をきちっと果たして
欲しいという思いと、いろんな面で弛んでいるのでは
ないかという点を指摘しておきたかったからです。



護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事案(2)...biz

丁度、護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故が
起こってから、1ヶ月が経とうとしていますが、3月19日
に最終レポートなるものが防衛庁から出された模様です。

護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故に係る捜索・救難活動について(平成20年3月19日)
http://www.mod.go.jp/j/news/2008/03/19.html

実際にその報告を見てみましたが、その報告を見る限り、
護衛艦「あたご」内火艇3隻にて「せいとく丸」乗員の
捜索を開始したと書いてあり、衝突後直ぐに救助に
向かったような記載となっています。

事故のあった2月19日の初動の報告を見ると、護衛艦
「あたご」内火艇2隻にて「せいとく丸」乗員の捜索を
開始するとともに、海上保安庁等に対して連絡。とあり、
http://www.mod.go.jp/j/news/2008/02/19.html
内火艇は3隻ではなく、2隻が対応したような記載と
なっています。

記載して欲しい内容としては、3隻の内火艇をA時B分に
海に降ろして、C名で懸命に捜索したが、見つけることが
出来ず、海上保安庁にDが連絡し、応援を求めたという
ような詳細情報が書けないものでしょうか?

因みに内火艇は下記のようなイメージです。
http://earth.endless.ne.jp/users/mac0115/nihonnnokanntei1.html

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.161 ...biz  /  Global-C

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: An Enduring Measure of Fitness: The Simple Push-Up

記者: By TARA PARKER-POPE

発行日: March 11, 2008

URL: http://www.nytimes.com/2008/03/11/health/nutrition/11well.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のトピックは如何でしたか?

皆さんはPush-up(腕立て伏せ)はどれくらい出来ますか?

運動が大事なのは良く分かっているつもりですが、なかなか
一人では実践できないのが現状です。

1日何回すると決めても意志が弱いというか、時間がないと
いうかなかなか実行に移せません。

運動と言えばMarkは友人と毎週2回平日にテニスをすること
を実践していますが、自分だけでは意志が弱くなるので、
他人を巻き込むのはいいと思います。


【Passage/本文】

As a symbol of health and wellness, nothing surpasses
the simple push-up.

The push-up is the ultimate barometer of fitness and
tests the whole body, engaging muscle groups in the
arms, chest, abdomen, hips and legs.

It requires the body to be taut like a plank with toes
and palms on the floor.

The act of lifting and lowering one's entire weight is taxing even for the very fit.

But many people simply can't do push-ups.

In a 2001 study, researchers administered push-up
tests to about 70 students ages 10 to 13.

Almost half the boys and three-quarters of the girls
didn't pass.

As budgets shrink, public schools often do not offer
physical education classes ・and the calisthenics
that were once a childhood staple.

Push-ups are important for older people, too.

Push-ups can provide the strength and muscle memory
to reach out and break a fall.

People who can't do a push-up may not be able to help
themselves up if they do fall.

Based on national averages, a 40-year-old woman should
be able to do 16 push-ups and a man the same age
should be able to do 27.

By the age of 60, those numbers drop to 6 for women
and 17 for men.

If the floor-based push-up is too difficult, start by
leaning against a countertop at a 45-degree angle and
pressing up and down.

Eventually move to stairs and then the floor.

A former fitness instructor, Jack LaLanne, now 93,
still does push-ups as part of his daily workout.

He astounded television viewers in the 1950s by doing
1,000 push-ups in 23 minutes.

2008年3月21日 (金)

韓国の入学について By アジョッシ ...biz

さて、四月を前にしているということで、今日は入学の話を致します。

日本ではまだ、入学を待っている状態だと思いますが、韓国の場合は入学が3月なのです。

日本のように、4月に入学、3月に卒業ではありません。

なので韓国では新学期はすでに始まっています。

他の国はどうなのか知りませんが、少し不思議に思います。

ところで、日本の小学生、とくに新たに入学する子供たちに、付き物なのが…

なんでしょうか?

おそらく新一年生と聞いて想像するのが、ほとんどの人の場合は「ランドセル」だと思います。

一年生の代名詞みたいなものですよね。

最近では、ランドセルを背負わない学生が多くなりましたが、ランドセルは成長期の子供には最適です。

片方の肩だけに荷物をもっていると、肩の高さが左右違ってくるからです。

ちなみに、私は左右の肩が大きく違っています。

成長期は少し気を使うだけで、色々な矯正も可能なのです。

では、韓国の新一年生はどうなのでしょうか。

韓国ではランドセルという概念はないようで、可愛いキャラクターが刻まれた、リュックサックの様なものを持っている子供が大半です。

形がリュックというだけで、構造上あまり体にフィットする設計がされていないため、とても窮屈に見えてしまいます。

ぜひ背中にクッションの入った、登山用カバンでも背負わせたいところですが、子供は機能よりも、模様などを重視するものですからね。

このような違いがあったのですね(^▽^)



2008年3月15日 (土)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.160 ...biz

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: The Energy Challenge: Turning Glare Into Watts

記者: By MATTHEW L. WALD

発行日: March 6, 2008

URL: http://www.nytimes.com/2008/03/06/business/06solar.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のトピックは如何でしたか?

地球の温暖化が言われるようになって、代替エネルギーの
開発が進んでいますね。

バイオエタノールなどは、サトウキビやとうもろこしを
原料に使うので、穀物や石油の価格が上がっている状況で、エネルギーと食料とどちらを重視するかといった形の選択肢
になりかねない側面もあります。

太陽エネルギーは、効率よく生産できるようになれば、
クリーンなエネルギーですし、非常にいいと思います。

グローバル・シーは、チェコのソフト会社のエネルギー削減
システムの日本語化やアジア言語化を進めており、近い将来
エネルギーコストを5−10%削減できるシステムを上市
する予定です。乞うご期待ください。

なんと来週はチェコから3名、日本から3名、ベトナムから1名
が参加した研修を行う予定です。来週は忙しくなりそうな
予感です。

テキストを見ながら音声を聞きたい方は、続きを読むで
テキストをオープンしてから音声を聞いてみてください。

【Passage/本文】

The world appears to be on the verge of a boom in a
little-known but promising type of solar power.

This type involves covering acres of desert with
thousands of mirrors that focus intense sunlight on a
fluid, heating it enough to make steam.

The steam turns a turbine and generates electricity.

The technology is not new, but it is suddenly in high
demand as worries grow about global warming.

After a decade of no activity, two prototype solar
thermal plants were recently opened in the United
States, with a capacity that could power several big
hotels on the Las Vegas Strip.

Another 10 power plants are in advanced planning in
California, Arizona and Nevada.

On sunny afternoons, those 10 plants would produce as
much electricity as three nuclear reactors, but they
can be built in as little as two years, compared with
a decade or longer for a nuclear plant.

Some of the new plants will feature systems that allow
them to store heat and generate electricity for hours
after sunset.

However, the power these solar driven turbines produce
is still relatively expensive at a cost per kilowatt-
hour of 15 to 20 cents.

With a little more experience and some economics of
scale, that could fall to about 10 cents.

Newly built coal-fired plants are expected to produce
power at about 7 cents per kilowatt-hour or more if
carbon is taxed.

On the positive side solar plants produce peak power
during the hottest part of the day, when demand is
highest and electricity is costly, so at certain times
they are already competitive with plants using natural
gas.

And they have an advantage over the other widely
available form of renewable power, wind turbines:
they are more predictable.

マニフェストはそんなに軽いものじゃない!…biz

今日たまたまチャンネルをひねると、参議院の予算審議を
やっていて、松島副大臣なる人が答弁前に不敵な笑いを
浮かべながら答弁をするのを目撃しました。

http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/situation/080314/stt0803141944002-p5.htm

内容としては、当選する前に自分のHome Pageで「ガソリン税の暫定税率をまやかしの方法」と撤廃を主張していた持論を
表明していたにもかかわらず、副大臣になってから立場が
変わったことを恰もそれが正しいかのようにTVの前で鴻池
委員長の制止を無視して、5分間しゃべり続けた輩でした。

そもそも自分の持論と違うことを立場上遂行しないと
いけないような副大臣と言う職務を受けるべきではないし、
自分の主張に対して選挙で支持してくれた人を無視するのも
甚だしい政治家としてはもっとも恥ずべき行為と言わざるを
得ません。

次の選挙では再選されるとは到底思えませんが、今すぐに
でも辞職して顔を洗って出直して欲しいと思います。

政治家は自分が実現したいことをマニフェストに書き、
有権者はそれをよりどころに投票する訳で、マニフェストが
実現できないのであれば、存在価値はありません。辞職して
出来るようになってから再挑戦して出てきて欲しいと思います。

福田首相が責任ある立場になったら、考えが変わっても
いいようなことを言っていましたが、とんでもない考え
違いと思います。

冬柴氏が公明党の幹事長だった時に作成したマニフェストを国土交通省の大臣となって実行できる立場にいながら、実現
できないというのはおかしいし、マニフェストはそんな軽い
ものではないということだけ、言っておきたいと思います。

2008年3月13日 (木)

韓国の果物について By アジョッシ ...biz  

どこの国でも、その国特有の果物はあるわけですが、日本と韓国ともに関連の深い果物もあります。

その果物とは韓国名称で「漢拏峰」といいます。

これは漢字表記ですが、韓国語では「ハLラボン」といいます。

日本語表記にするのは非常に難しいのですが、敢えて書くと上記のようになります。

では、この果物、どのような果物なのでしょうか。

これはマンダリン系のミカンと考えて下さい。

皮は夏みかんのように、やや厚めで、頂点がやや膨らんでいます。

味はというと、夏みかんと、オレンジの中間の様な感じだと思います。

とにかく見た目が上品で、プレゼントなどによく送られます。

しかし、価格が高い為、口にする事はそんなに多くないかと思われます。

この果物が日本と関係が深いのは、1972年、日本の農林水産省で交配され、育てたものだからです。

韓国には1990年くらいに導入され、日本名は不知火、デコポンなどと呼ばれています。

重さは約200-300gで、頭の部分が突き出しているのが特徴です。

機会があれば、ぜひ口にしてみて下さい。