Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.150 ...biz

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Baby Polar Bear Is Probably Female

記者: By THE ASSOCIATED PRESS

発行日: January 9, 2008

URL: http://www.nytimes.com/aponline/world/AP-Germany-Polar-Bear.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【Passage/本文】

It's a girl! Maybe.

Zoo officials in Nuremberg announced that Germany's new polar bear cub
is probably a female.

The cub's eyes are not yet open and its sexual organs are not completely
developed, so there's still a chance that she could be a he.

But the yet-unnamed 4-week-old cub was taken from its mother, Vera, on
Tuesday amid concerns that she could harm or even kill the newborn.

Another polar bear, Vilma, gave birth around the same time as Vera but
is believed to have killed and eaten her cubs earlier this week because
they were sick.

The controversial decision to hand raise the cub was made after Vera was
seen carrying the cub around the enclosure in her jaws looking completely
confused.

Four keepers are caring for the baby cub, who weighed in at 3.75 pounds,
feeding it high-fat milk every four hours.

The cub is lively and strong but can only crawl a little and does little
more than sleep.

It will not be returned to its mother out of fear that Vera might eat it.

The cub is the first in Germany to be handraised by its keepers since
Knut, who became a celebrity after being rescued in 2006 when his mother
rejected him.

He was raised by hand, much to the delight of thousands of visitors to
Berlin's zoo who avidly followed his growth from a roly-poly cub to a
full-grown adult.

Now a boisterous polar bear, Knut celebrated his first birthday on
Dec. 5, and weighs more than 265 pounds.

Vera's cub is expected to make its public debut by early April.

Unlike Knut, who was named by the Berlin zoo, Nuremberg's mayor wants to
hold a public competition to name the new cub.

2008年1月30日 (水)

韓国の新年について By アジョッシ ...biz 

さて、今回は新年ということもあり、韓国の正月についてお話します。

ご存知の方も多いと思いますが、韓国では新暦の正月を大々的には祝いません。

もちろん一年の始まりであるため祝日なのですが、2日は祝日ではないのです。

今回の正月を考えると、昨年の30日が日曜日だったため、31日を休みにして、3連休とした会社が意外にあったようです。

しかし、日のめぐり合わせによっては、31日まで仕事をし、2日から仕事を始めるということもあるのです。

なので正月気分を味わうには、やはり日本が一番なのです。

では昨年の12月31日はどうだったのでしょうか?

写真を交えて、振り返って見ましょう。


色々なイベントが好きな国だけあり、カウントダウンもいくつかの場所で行われたようです。

その中でニュースにも出ていたのが、鐘路のカウントダウンです。

この日は寒波に見舞われたにも拘わらず、多くの人々が集まりました。

そこでは、多くの人々と、暴動に発展しないよう配置された警察の群れでまさに戦場でした。

また、この日には街中で打ち上げ花火が飛び交うため、とても危険なのです。

その写真が ⇒ ここをクリック

警察が並び、打ち上げ花火を上げる姿が確認できますよね。

また清渓川は華やかなネオンで飾られ、多くの恋人たちの集まる場所となっていました。

ところでカウントダウンですが、封鎖された道路の中央にステージが作られ、数名の歌手がミニコンサートを開いていました。

マイナス気温の中、本当にご苦労様でした^^

道路特定財源制度について

ニュース等で聞いていると、平成19年度は現在の暫定税率で
道路特定財源で税金を集めているうちに道路以外の目的に
使用している(一般財源化)のが1806億円で、今期もそれ
以上を見込んでいるとのことだった。

ウイキペディアで道路特定財源制度を調べてみた。

最近の議論では、道路族がわけのわからない理由をつけて
以前決めた道路を建設するために今後10年で59兆円もの
財源を確保しようとしているとのことだった。

はっきり言って、日本列島改造論の田中角栄が作った
暫定税率は30年も前の話であるし、現在は道路が完全とは
言えないものの、十分作られているのではないか?

道路族のドンの古賀氏の地元で作られた橋はマコト橋と
呼ばれているそうだが、そんな器に50億円もかけて
あまり利用されていないというのは言語道断だ。

道路財源をなくしてしまっては、開かずの踏み切りが
ある地域の話や、学童の通学路の整備といった
話を出してくるが、それらの優先度の高いものは、
別途早急に作るように予算を組めばいいだけのことでは
ないのか?

この暫定税率が廃止されると、国と地方で2兆7000億円も
税収減となる見込みとのことであるが、与党は小手先の
つなぎ法案提出など、姑息な手段を使うのは許せない気が
する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008012902083370.html

民意を問うために衆議院を解散すべきではないのか?

道路整備という特定の目的に預かっている税金を
一般財源に流用するのは違法ではないか?

少なくとも、道路財源の中で一般財源化している部分は
納税者に還元すべきではないのか?

道路を作った場合、どれくらい利用されたかの経済効果を
測ることはできないのか?

地方の道路は、地方自治体に任せるべきで、国がどうの
こうのと言うべきものではないのではないか?

この先10年で、65兆円の特定財源を使い切る道路整備計画の
妥当性はあるのか?

日本の道路を14000キロの整備をしないといけない根拠は何なのか?

高速道路を作ったら、料金が高いので、別の道を通る
というような運送会社があることを知っているのか?

四国で港と高速道路を10分で結ぶために新たに巨額の
道路整備を行うとのニュースを見たが、現在20分弱で
行ける道路があるのに、それを作る合理性がどこにあるのか?

腹立たしいことが山積しているので、久しぶりにこのコラムを書いてみた。



2008年1月29日 (火)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.149 ...biz

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: In Tikal, Temples in the Mist

記者: By ETHAN TODRAS-WHITEHILL

発行日: December 16, 2007

URL: http://travel.nytimes.com/2007/12/16/travel/16Tikal.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【Passage/本文】

In Tikal, the ancient Mayan city in northern Guatemala, dawn is not
seen --it is heard.

First, a roar.

Then a responding roar, then another and another from howler monkeys,
proclaiming their territory.

A squeaking counterpoint begins: the raccoon like coatimundi greeting
one another as they forage for food.

Finally the birds join in, toucans clicking their long bills and
parrots shrieking, bringing the symphony to a climax.

I am listening from a narrow stone ledge, sitting on the top of an
ancient stone temple.

Now, in the dim light of early morning, a green sea of leaves
stretches before us, fog banks float about like dinghies.

Slowly, the ancient city below the canopy begins to take shape, the
hidden concert hall of moss-covered stone that has echoed this same
jungle symphony every morning for more than a thousand years.

Some parts of the city date back to 800 B.C., and at the city痴 apex
it was a dominant city state, the home of about 70,000 people spread
over 65 square kilometers.

Since 1996 the Mayan people were given the right to worship in their
ancient sites as they wished.

Fire pits were built in the Great Plaza and elsewhere at Tikal for
their use in rituals.

It is as if when the inhabitants of the city left, the jungle moved
in, keeping it alive until the Mayans could return.

Among Mayan sites, Tikal has long been second banana to Chichen Itza
in Mexico, named one of the seven new wonders of the world in July,
after a global Internet vote.

But that popularity seems based on factors other than the ruins
themselves such as its easy accessibility, particularly to the resort
town of Cancun.

Chichen Itza is smaller and less lively than Tikal and its centerpiece,
a step pyramid, is only half the height of the Tikal structures.

Tikal has the feel of a living ruin, closer to its original vitality
than perhaps any other deserted city of the past.



韓国の食べ物について By アジョッシ ...biz 

さて、今日お話するのは食べ物についてです。

冬になると、必ず口にしたくなる食べ物なのですが、一体なんでしょうか?

値段は、20〜50円程度です。

その食べ物とは、おでんです。

私もよくお世話になるのですが、食事と言うよりは、お腹が空いたときの、おやつといった感じでしょうか。

直ぐ食べる事ができるうえ、アツアツなので、ちょっとした時にはもってこいです。

では、韓国語で何というのでしょうか?

実は、韓国語でもおでんと言うのです。

実際、日本のおでんと比べると、大きな違いがあります。

日本のおでんと言えば、大根、じゃがいも、こんにゃく、スジ肉、卵などなど、多くの種類の具材が入ってますよね。

しかし韓国のおでんは、シンプルです。

魚などの練り物を、串刺しにしたものを、だし汁で煮るのです。
その串刺しにしたものを、醤油ダレに漬けながら食べるのです。

日本などでは、2度漬け禁止にしているところが、多いのですが、韓国では関係ありません。

仮に禁止にしていても、韓国人の性格上少し難しいかも知れません。

そのおでんを食べながら、紙コップにだし汁を注いで飲むのですが、それが格別です。

私はおでんよりも、ツユが好きです(^◇^)

寒いときには、体もあたたまり、一石二鳥です。

このおでんは、店で売っているところも多いですが、小さな屋台で、道端でもよく販売しています。

日本人がよく訪れる、インサドン、ミョンドンなどでも、よく見かけます。

お腹が空いたけど、時間がないときは是非食してみてください。

とても美味しいですよ。

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.148 ...biz / Global-C

音声ファイルを聞く
長い間、このブログを更新できず申し訳ありませんでした。

今までの分を一気にUpしますので、お待ち下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Kill the Cat That Kills the Bird?

記者: By BRUCE BARCOTT

発行日: December 2, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/12/02/magazine/02cats-v--birds-t.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のトピックは如何でしたか?

鳥と猫の戦いは続いていくのですね。最近、Bird Spikeと
いう器具を中国から輸入して日本または香港等で販売を
開始しています。

マンションのベランダに鳩やカラスがとまってお困りの方も
多いと思いますが、Bird Spikeは鳥がとまれないように
ステンレスのワイヤがでているもので、鳥を傷つけるものではありません。

ただ、その器具を設置すると、鳩やカラスは別の場所に
移るだけですので、鳥退治の根本的な解決にはなりません。
日本でも鳥を殺したりすると罰金等があるのでしょうか?

中国では都会にいる鳥は食べられてしまうので、都心には
鳥が少ないとの話も聞きましたが、本当でしょうか?

専門家の方にお聞きすると、よく公園とかで鳩を集めて
えさをやっている人がおられますが、鳩はいろんなばい菌を
持っているので、非常に危険な行為であるといわれていました。


【Passage/本文】

Jim Stevenson is a 54-year-old former science teacher who is known as
the bird guru of Galveston, Texas.

I had come to find out why Stevenson had become the most notorious cat
killer in America.

The story went something like this: On the evening of Tuesday, Nov. 7,
2006, Stevenson parked his white van at the end of a bridge near a
channel connecting Galveston Bay to the gulf to look for some birds.

He found a spot in the low grass-speckled dunes and soon enough saw a
handful of piping plovers, a species listed as endangered by the
federal government.

Then he saw something else: a feral cat stalking the plovers.

Stevenson tried to protect the birds by capturing the cat but failed
and returned home frustrated.

The next morning, Stevenson decided to act.

He loaded his .22 rifle in the van and took off for the channel.

He spotted the same cat under the bridge, put the animal in his sights,
and pulled the trigger.

The cat dropped like a rock.

Up on the bridge, a tollbooth attendant saw the incident and reported
it to the police.

With one shot of his rifle, Stevenson found himself in a feud between
bird lovers and cat fanciers.

For more than 20 years, the two sides have exchanged accusations and
insults over the issue of cats killing birds.

The National Audubon Society has declared that cats may have been
involved in the extinction of more bird species than any other cause,
except habitat destruction.

The charge against him, animal cruelty, carried a maximum penalty of
two years in prison and a $10,000 fine.

Jurors heard testimony and then retired to spend two days struggling
to consider Jim Stevenson's fate.

They simply couldn't decide and the 12 jurors emerged and pronounced
themselves hopelessly deadlocked.

The case was dismissed.

The war between cats and birds continues.