Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.140 ...biz                 

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
題名: Five Easy Ways to Go Organic

記者: - - -

発行日: October 22, 2007,

URL: http://well.blogs.nytimes.com/2007/10/22/five-easy-ways-to-go-organic
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
牛乳、ジャガイモ、ピーナツバター、りんご、ケチャップ等
は農薬や有害物質が含まれている可能性があるのですね。
気をつけましょう!

昔SFに住んでいたころには、オーガニックの野菜を売って
いるマーケットによく行っていましたが、概してアメリカの
中でも、加州の人は結構健康に気をつけていたと思います。



食品に関しては、最近中国からの輸入が多い日本では、その安全性が問題に
なっていますが、日本国内でも賞味期限を偽った赤福もちをはじめ、白い
恋人等も問題となっています。

結局は体が資本ですから、日頃から食べ物にも注意するようにしましょう。

【Content Questions/内容についての質問】

1 Why do many families not switch to organic foods?

2 Name the five food products listed in the article.

3 Which two foods are among the most pesticide contaminated?

4 What do peanut farmers use to control mold?

5 What is the benefit of eating organic ketchup?

【Answers to Content Questions/内容についての質問の正解】

1 They don't want to pay higher prices or give up their favorite foods.

2 The five products listed in the article are milk, potatoes, peanut
butter, ketchup, and apples.

3 Potatoes and apples are among the most pesticide-contaminated fruits
and vegetables.

4 They use a fungicide.

5 Organic ketchup has about double the antioxidants of conventional
ketchup.

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.139 ...biz                

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
題名: A Normal Lesson in Vocabulary, Until a Deer
Bursts Through a School Window

記者: By JONATHAN MILLER

発行日: October 17, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/10/17/nyregion/17deer.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校に招かれざる動物が入ってきたんですね。

昔は、遊ぶ場所がなかったので、近くの学校で野球をしたり
したものですが、今は、セキュリティが重視され、気軽に
学校に入ることは難しくなっています。


日本は安全な国と言うステレオタイプイメージがありましたが、今やそうとも
言えなくなって来ています。

テロもパキスタンやその他地域で起こっていますが、いつ日本に起こるとも
限りません。

日頃から注意するようにしましょう。

Markの住んでいる加古川で、小学校2年生の女児が刺殺されました。早く卑怯な犯人を逮捕して欲しいです。


【Passage/本文】

It was just before 10 a.m. and the teacher was immersed in a vocabulary
lesson with her class of fifth graders.

Suddenly there came a loud crash, like glass breaking, and she didn't
know what to make of it.

The teacher saw the brown blur of a large buck dash through her
classroom and out the door.

After herding the sobbing and stunned children to the back of the class
she called the principal who quickly announced that everyone needed to
close their doors.

But it was too late---the buck was already on to its next target.

When the school nurse heard the principal's announcement she raced to the
door of the infirmary, and was met face-to-face with the bloodied buck.

What happened next amazed her.

When the buck saw her, he started coming in.

She quickly slammed the door and screamed.

The buck took about a 10-minute tour through the front lobby, the nurse's
office and the teachers' lounge.

The deer did not try to attack anyone and seemed to be afraid and a
little disoriented.

Four police officers arrived and joined the school security officer in
the chase down a hallway, finally corralling the buck into the empty
cafeteria.

They let it out a back door whereby it ran into a small wooded area
behind the school.

Why would a buck want to crash through a school window?

It is a mystery to the students who are usually pushing in the other
direction.

A wildlife expert has the answers.

It's the beginning of the breeding season and bucks become more
aggressive as they compete with rivals for does.

The buck might have confused the image in the window with a rival and
charged.

Or maybe it just wants to go to school.




2007年10月26日 (金)

韓国と日本の違い (3) By アジョッシ ...biz      

さて、今日も先週に引き続き、韓国と日本の違いを見てみましょう。

もちろん生活の中で感じる違いなので、気軽に読んでください。

まずは、季節が秋という事もあり、運動会についてです。

小学生、中学生などを思い出してみると日本の場合は、クラスを赤組と白組にわけるのが普通ですよね(-^〇^-)

なぜ赤と白なのか?

縁起がいいから?

など、疑問は皆さんに調べてもらう事にして、韓国の場合は青と白に分けるのです。

実際は、青軍と白軍にわけるのです。

韓国のイメージはというと、ワールドカップを思い出してもらうと分かるのですが、赤が印象的ですよね。

なので何故、疑問を持つ人もいるでしょうが、青と白に分けるのです。

面白いですね。

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000176120.html


その次ですが、返事をする際の違いです。

これは、日本人と韓国人の立場があり、お互いに意見はあるようですが、やや違いがあります。

結果から言うと、日本人は遠まわしに返事をする事が多いという事です。

日本人の立場から言うと、相手を傷つけまいとする配慮。

しかし、その配慮が逆に、外国では相手を混乱させることがあるのです。
この返事の方法は、それぞれの文化があるため、どちらがいいとは言えません。

率直に言う方がいい場合もあれば、遠まわしに言う場合がいい場合もあります。

実際韓国人も、遠まわしに返事する事が多くあります。

なので、相手を誤解させない程度に、返事するのが最良ではないでしょうか。

とにかくこんな少し違いがあるのです。

次はスタイルに関して。

日本を歩いていると、ヒゲをたくわえた若者を良く見かけます。

若者だけでなく、もちろん年配の方まで、ヒゲはファッションの一つです。

中にはとてもカッコいい人もいますよね。

しかし、韓国でヒゲを生やした人を見るのは難しいのです。

雰囲気上、ヒゲを剃らないといけないと言った空気があるのです。

剃らないと不精だという観念があるのでしょうか?

韓国では、対面を非常に気遣う部分があります

おそらく、それが原因ではないかと思うのですが。

しかし最近ではヒゲを生やした若者を、わずかですが見れるようになりました。

相手に迷惑をかけるものではないので、私は大賛成。

時には型から、外れるのもいいのではないでしょうか(^◇^)

2007年10月20日 (土)

韓国と日本の違いBy アジョッシ ...biz     

さて、今日も先週に引き続き、韓国と日本の違いを見てみましょう。

もちろん生活の中で感じる違いなので、気軽に読んでください。

まずは、会話の方法についてです。

日本の場合、両親と話をするとき、どうやって話をしますか?

私が言いたいのは、敬語を使うかです。

おそらく、日本で敬語を使っているのは、ごく一部ではないでしょうか。

私が思いつく限りでは、皇室くらい?

では、韓国の場合はどうでしょう?

じつは、敬語を使っています。

特に、男の場合は敬語を使う場合が多いです。

お母さんにむかっては、タメ口を使う人、敬語を使う人がいます。

しかし、お父さんと話をするときは、敬語を使うのが一般的です。

女の子供の場合は、お父さんに対しも、タメ口を使う傾向がありますが。

同じ子供なのに、口の利き方が違ったり、父に対してだけ敬語を使うなど、儒教の影響なのでしょうか?

次は、タバコの吸い方です(-。-;)y-゜゜゜

日本の場合を見ると、場所、相手をあまり気にしない傾向があります。

会議中、家、など、特に気を使うことは多くありません。

しかし、韓国の場合は、自分より年長者の前や、先生の前ではタバコは我慢するか、もしくは、タバコを吸うにしても、了解を得てから吸う場合が普通です。

仮に、10代、20代前半などの場合は、吸っていいかと尋ねても頭を小突かれるでしょう。

また、父親の前でも同様です。

おそらく、父親の前で吸える人は多くないのでは?

それくらい、韓国では、年齢重視するのです。

この様に、年齢を重視する国は他にもありますが、韓国は厳しい方だと言えると思います。

これは、いい面もありますが、友達を作りたい人には逆に壁になる場合がありますが。

その点、日本はとても自由な国だと思う事があります。

どちらが、いいとは言えませんが、近い国でありながら、大きな違いがあるのです。

その他にも、多くの違いを、来週もご紹介しますので、是非ご期待下さい。

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.138 ...biz              

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
題名: Fall in Europe | Champagne - A Place to Celebrate

記者: By DONALD MORRISON

発行日: October 7, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/10/07/travel/07europe.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Markは9月9日より17日間ドイツのフランクフルト、その後
2日間チェコのプラハに行っていましたが、日本ではまだ
残暑が厳しかったその時期には秋になっており、中旬には
ジャケットや首巻がいるような季節になっていました。



日本はまだまだ半袖でもOKな感じですが、欧州は雨が多く
早くに寒くなったようです。

民族によって季節感のとらえ方も違うと思いますが、欧州
では秋もRenewalの時期なんですね。

ドイツでは、ビールがおいしかったですが、欧州の人は
フランスのワインにはそれなりの高い評価をしており、
シャンパンも人気があります。

ただ、最近のユーロ高のせいか、すべてのものが高く感じ
られ、コーラが一杯2.5ユーロで円換算では400-500円には
閉口します。

皆様も円高の時に海外旅行に行くようにしましょう!

【Passage/本文】

SPRING is usually considered a time of renewal, when many people
awaken from their winter slumbers and embrace the infinite
possibilities of a new season.

But in Europe, fall is equally alive with such anticipation as the
cities reclaim many residents who fled for the sea or the
countryside over the hot summer.

Here is a quick primer on what to look forward to in eight European
destinations this fall.

First we'll begin with Champagne just 80 minutes east by train from
Paris.

Reims is the capital of Champagne the region, but nearby Epernay
considers itself the capital of Champagne the drink.

Epernay is a jewel of graceful streets and centuries-old mansions.

Here are the headquarters of major Champagne producers,
conveniently situated along the town's famed Avenue de Champagne.

Most Champagne houses have public tours on weekdays costing 5 to
11 euros.

Each offers something different--one features a museum of
traditional winemaking instruments and another features a giant
oak barrel--and all show you how Champagne is made.

After 45 minutes in the chalk-walled cellars where the wine is
stored, you emerge to sample a glass or three.

No surprise, there are bottles to buy, many of them bargains.

For real deals, rent a car and head for the nearby hills, home to
hundreds of small Champagne makers (the tourist office has
brochures).

You can meet producers and sample their wares gratis, but it's
wise to make a reservation and appropriate to buy at least one
bottle as a courtesy.

Winston Churchill, the World War II statesman, was so fond of the
beverage that he once declared, "It's not just France we are fighting
for, it's Champagne."

2007年10月18日 (木)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.137 ...biz             

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
題名: In the Clouds, Sitting Watch Over Paradise

記者: By JESSE McKINLEY

発行日: October 3, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/10/03/us/03lookout.html
題名: Few Welcome Mats for Smokers
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Markもアメリカに駐在している際に、サンフランシスコ近郊のオークランド
で大きな山火事を見ました。余りの火の強さに黒煙が空を覆いつくし昼間でも
暗かったことを覚えています。

最近ギリシャで、放火による山火事が多発したとのニュースがありましたが、
雨が少なかったりすると、フロリダやカリフォルニアでは野火による山火事も
多数発生します。

皆様もタバコによる家事には気をつけましょう!

【Passage/本文】

Walk into Mike Gates's summer home and the first thing you notice--
the only thing you could possibly notice -- is the view.

With a wraparound vista broken only by the occasional hummingbird,
Mr. Gates has 50-mile visibility on a sunny day.

But Mr Gates doesn't really come to the top of Saddleback Mountain
at 6,700 feet and in the middle of nowhere-- to look at the horizon
or the hummingbirds, at the glorious sunrises or sunsets.

He comes to look for smoke and for the last 21 years, Mr. Gates has
been a fire lookout in the front line in the battle against wildfires
on his patch of 1.2 million acres.

Armed with four pairs of binoculars, he spends almost every waking
hour prowling the narrow catwalk outside his shack, scanning the day
-- and night -- for smoke.

Inside the small wooden shack on stilts held on top of a rocky crag
by steel cable, are a child-size sink, a small stove and a set of pink
flamingo-shaped Christmas lights over his platform bed.

Not that sleep is always easy: winds on the mountain can gust up to 80
miles an hour, violently shaking the shack.

Mr. Gates, now 58 and a former Chrysler electrical engineer who
"unplugged" in the mid-1980s, has spotted perhaps 100 fires during
his years on the job.

His is a skill set that is slowly fading away, replaced by less
romantic, more technological methods.

Only about 800 lookouts nationwide are now manned, down from more than
8,000 in the 1930s.

Mr. Gates says he's "not really a social animal"; he values the
pleasures of being alone.

He combines his smoke--hunting with a passion for photography.

His photographs can be seen at www.pygmyhippo.net.



2007年10月16日 (火)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.136 ...biz             

音声ファイルを聞く
今週は先月アップできなかったNY TIMESを読んでみよう!
を毎日アップして最新版までキャッチアップします。

乞うご期待!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Few Welcome Mats for Smokers

記者: by SUSAN STELLIN

発行日: September 25, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/09/25/business/25smoking.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Markも昔はタバコを吸っていましたが、アメリカに駐在
した1988年よりきっぱりタバコをやめました。

何故止まれたかというと、学生の時は彼女が吸っていたり、
マージャンの時や飲みに行った時は酒ばかり飲んでいる
わけにもいかず、ついついタバコを吸っていましたが、
アメリカでは、同僚と夜に飲みに行く習慣はなく、社会的
に、タバコを吸うと言うのが肩身の狭いものになっていた
からです。

たばこ産業の「平成17年全国たばこ喫煙者率調査」による
と、成人男性の平均喫煙率は45.8%でした。これは、
昭和40年以降のピーク時(昭和41年)の83.7%と比較すると、
39年間で約45%減少したことになります。

http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html

ただ、日本男子の禁煙率は、イギリス・アメリカの2倍と
なっています。
http://www.nosmoking.jp/introduction/base.html

体が資本ですので、皆さんも自己責任で健康に留意しましょう!


【Passage/本文】

It's getting tougher for travelers with a nicotine habit to find a
place to light up with more states and municipalities banning smoking
in airports, hotels, bars, and restaurants.

Westin Hotels banned smoking in its properties in the United States,
Canada and the Caribbean in January 2006, a move followed by Marriott
last September.

Dozens of independent hotels and members of other chains have also
gone smoke-free.

More than 120 airports in the United States do not allow smoking
anywhere indoors and most car rental companies generally prohibit
smoking in their vehicles.

Some hotels charge extra cleaning fees when customers violate
no-smoking policies, and this can lead to angry travelers claiming
they were improperly charged.

Marriott, for instance, assesses a $250 "room recovery fee" if
housekeeping and management determine a guest has smoked in a
nonsmoking room, based on cigarette odors, butts or burns.

Nevertheless, Marriott's no-smoking policy has not hurt business,
and has reduced complaints related to smoking, one of the main
sources of guest discontent.

Studies of bars and restaurants that are NOT funded by the tobacco
industry very clearly demonstrate that there is no economic impact
and no decrease in business.

About 21 percent of American adults smoke, a figure that has remained
consistent in recent years.

Keeping that statistic in mind representatives from Inter-Continental
Hotels, Hilton and Hyatt said they have no plans to eliminate smoking
rooms throughout their chains.

The federal "Center for Disease Control" states that there is no level
of secondhand smoke exposure that can be declared to be safe.

Ultimately, industry executives and medical experts point to the
health of non-smokers as the main justification for smoking bans in
public places.


2007年10月14日 (日)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.135 ...biz             

音声ファイルを聞く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Languages Die, but Not Their Last Words

記者: By JOHN NOBLE WILFORD

発行日: September 19, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/09/19/science/19language.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Passage/本文】

Of the estimated 7,000 languages spoken in the world today, nearly half
are in danger of extinction and likely to disappear in this century.

In fact, one falls out of use about every two weeks.

Languages die one of two deaths.

Some languages vanish in an instant, at the death of the sole surviving
speaker.

Others are lost gradually in bilingual cultures, as indigenous tongues
are overwhelmed by the dominant language at schools, in the marketplace
or on television.

New research has found the five regions where languages are disappearing
most rapidly: northern Australia, central South America, North America's
upper Pacific coastal zone, eastern Siberia, and the southwestern United
States.

In Australia, where nearly all the 231 spoken tongues are endangered,
researchers came upon three known speakers of Magati Ke.

In July they met the sole speaker of Amurdag, a language in the Northern
Territory that had been declared extinct.

The last remaining Aborigine who spoke it strained to recall words he
had heard from his father, now dead.

In eastern Siberia, government policies have forced speakers of minority
languages to use the national Russian language.

More than half the languages had no written form---no dictionary, no text,
no record of the accumulated knowledge and history of a vanished culture.

There is now research that concentrates on preserving entire language
families.

Researchers are interviewing and making recordings of the few remaining
speakers of the languages and collecting basic word lists.

There are 83 languages with "global" influence spoken and written by 80
percent of the world's population.

Most of the others face extinction at a rate that exceeds that of birds,
mammals, fish and plants.

世界中で話されている言語も究極的には100くらいの言語に
収束していくかもしれませんね。

ところでMarkは9月9日よりドイツのフランクフルトで、
モーターショーで福井ファイバーテックという会社
(www.fukui-fibertech.co.jp)のブースでPIT GRIPという
カーマットの販売アテンドをしましたが、ドイツ語が喋れ
ないので、ドイツ語しか喋れないお客さんはキャッチできていません。

逆に言えば、英語がある程度喋れれば、ドイツ語が喋れなく
てもある程度通じ合うことが出来るわけです。

ひとつの言語を極めることは非常に難しいですが、話をする
話題に限定すればある程度準備することができます。

その考え方の延長線でEELearningが誕生した訳ですが、まだ
その普及には時間がかかっています。

www.e-e-learning.com

2007年10月13日 (土)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.134 ...biz              

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Alex, a Parrot Who Had a Way With Words, Dies

記者: By BENEDICT CAREY

発行日: September 10, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/09/10/science/10cnd-parrot.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Passage/本文】

Last week Alex, an African Grey parrot, died.

Dr. Irene Pepperberg, a psychologist at Harvard University bought Alex
from a pet store in 1977.

She studied and worked with the parrot for most of its life and
published reports of his progress in scientific journals.

Scientists have long debated whether other species of animals can
develop the ability to communicate with humans and back then most
scientists had little expectation that any bird could.

But Alex showed surprising facility.

Alex learned about 150 words, knew how to count, as well as identify
colors and shapes.

For example, when shown a blue paper triangle, he could tell an
experimenter what color the paper was, what shape it was, and ・after
touching it ・what it was made of.

Dr. Pepperberg used an innovative approach to teach Alex.

African Greys are social birds, and pick up some group dynamics very
quickly.

In experiments, Dr. Pepperberg would use a trainer to compete with
Alex for a small reward, like a grape.

Alex learned to ask for the grape by observing what the trainer was
doing to get it; then the researchers worked with the bird to help
shape the pronunciation of the words.

The work revolutionized the way scientists think of bird brains.

Last Thursday, after a day of working with Alex on compound words
and hard-to-pronounce words, Dr. Pepperberg put Alex into his cage
for the night.

Alex looked at her and said: "You be good, see you tomorrow. I
love you."

He was found dead in his cage the next morning, apparently of natural
causes.

He was 31.

2007年10月12日 (金)

韓国と日本の文化の違いBy アジョッシ ...biz    

さて、今日は趣向を変えて韓国と日本の文化の違いを見てみましょう。

堅苦しい文化を語るのではなく、生活の中で感じる性格、性質の違いをいくつかお話します。

まず、気づくのは電車での携帯電話。

日本の場合、一応は通話禁止、もしくは振動にするのが決まりです。

実際、気にせず話す若者もたまに見かけはしますが。

しかし、それは韓国に比べれば大したことはありません。

日本が周囲に気を使いすぎる面もあるのですが、韓国では大声で通話している姿を定期的にみかけます。

皆ではないですが、その割合は日本より多いですね。

次は友達の家で、トイレに行く場合。

日本人の場合、「トイレ借りていい?」という人が多い反面、韓国では友達に対し言う人は多くないと思います。

これは、友達との関係が家族並に近いことを物語っているとも言えます。

自分の物は友達の物、友達の物は自分の物といった、雰囲気は良く感じます。

そこが魅力ではあるのですが。

次は酒の席での礼儀。

韓国には酒の文化があり、それに伴う礼儀も多くあります。

まず日本と大きく違うのは、乾杯の意味。

日本の場合、乾杯しても口だけをつけて、杯を置く人も多くいます。

しかし韓国では、ほとんどないでしょう。

とくに最初の乾杯は、杯を空けるのが礼儀とされています。

飲めない人は仕方がありませんが。

相手に強制する部分もありますが、ほとんどは本人が進んで飲んでいます。

乾杯の乾は、乾くという意味ですので、本来は杯を空けるのが礼儀なんでしょうか?

また、杯に酒が残っていると、継ぎ足すような事はまずしません。

新しい酒と、古い酒が混ざるのを嫌っているのです。

また男の間では、杯を渡されれば、それを空けるのが礼儀という部分があります。

そのため、つぶれる人も多くいます。

適度に飲んで、適度に断るのがコツなんでしょうね。

しかし、友達のためにお酒を飲むのも気持ち言いもんですよ。

ただ飲みすぎには注意して下さい。