Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月 6日 (木)

韓国の国花について By アジョッシ ...biz    

今日は、原点に戻り基本的なお話を、しようと思います。

そう、国花についてです。

その前に、日本の国花は知っていますか?

そう、日本の国花は"桜"です。

皆さんの国の国花です、これを機に覚えておいてください。

ちなみに"菊"と思われた方もいるのでは?

本来は"桜"が国花なのですが、皇室の紋章である"菊"も国花として扱われているのが現状です。

知っていましたか?

それでは、本題に入ります。

韓国の国家は何でしょうか?


ご存知でしたか?

そう、韓国の国家は"ムクゲ"なのです。

ぴんと来ない人も、いるでしょうね。

では、"ムグンファ"はどうでしょうか?

聞いたことはありますか?

そう、韓国語で"ムクゲ"を"ムグンファ"と言うのです。

この名前は、他でも使われています。

そう、韓国の電車?汽車です。

地下鉄ではありませんよ。

日本の"ひかり"や"こだま"と言った感じです。

今は、高速列車も開通し、ソウルからプサンも近くなりました。

しかし、列車に関しては日本が一番でしょう。

時間にも正確ですしね^^


追記
韓国語を勉強したい人や、文化に触れたい人は
いーいー韓国語学習!のメルマガに登録してください。

 http://www.mag2.com/m/0000176120.html

バックナンバーを見たい方は、【語学の達人】

http://gogakunotatsujin.cocolog-nifty.com/blog/

をご参照ください。

ベトナムに行ってきました(2)...biz  

皆さんはベトナムの印象はどうですか?

ベトナムに行って感じたことは、この国は将来性が
あると言うことです。

人口は8400万人と日本の2/3くらいですが、
若年層が60%もいて、60歳以上の占める割合が
20%となる日本とは大違いです。

また、土地の値段が高いことも驚きで、ハノイでは
200万円/平米のところもあり、賃貸料も高いので、
6年くらいで投資が回収できるとのことでした。



日本企業は、インフラの整った工業団地に
進出しているようで、何社か工業団地を訪問
しました。

国民性の違いか、大卒とそれ以外の人との格差も
大きく、何でもやる日本の労働者との違いも鮮明
でした。

中間管理層がいないとはいえ、この国では昔の
高度経済発展が達成できるのではと言う予感さえ
感じさせられました。
0gpejq0p

2007年9月 5日 (水)

ベトナムに行ってきました(1)...biz

兵庫県の経済ミッションの一員として、ベトナムの
ホーチミン市とハノイ市に8月6日から10日まで
行ってきました。

兵庫県の井戸知事も行かれ、知事自ら兵庫県の
プレゼンをされました。

私は同行しませんでしたが、知事は大統領とも
面談され、お陰でVIP待遇を受けました。



どんなVIP待遇かと言うと、一行が乗っていた
バスは2台のオートバイに先導され、赤信号でも
ホテルから行き先までノンストップで走れたこと
です。

ベトナムはご存知の通り、バイクが主流で、何千
何万と言うバイクが列をなして走っていますが、
それを横目に爆走するバスは日本では考えられない
光景でした。

ハノイでは、8月9日付のVietNam Newsの一面に
「Japanese governor in town to talk investment」と
題する記事が掲載されました。


Ym2go8t5

2007年9月 2日 (日)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.132 ...biz           

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
題名: Quebec City 400 Candles, and a Yearlong Blowout

記者: By MARIALISA CALTA

発行日: August 26, 2007

URL: http://travel.nytimes.com/2007/08/26/travel/26next.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう! というメルマガ
http://www.mag2.com/m/0000149835.html を登録すると
毎週質問とその回答も送られてくるので、便利です。

本文を見ながら音声を聞くには、続きを読むにしてから
音声ファイルをクリックしてください。

【Passage/本文】

Looking very much like France with its fortified stone walls, narrow
streets, venerable churches, beckoning cafes, and French-speaking
populace--- Quebec city oozes Old World Gallic charm.

Quebec is set to celebrate its 400th anniversary in 2008 with an $83
million party.

The 400th anniversary inauguration will be on Dec. 31, 2007, with an
outdoor multimedia show.

The closing extravaganza, a special performance by the Cirque du
Soleil written specially for the event, will be held on Oct. 19.

This is all to celebrate the founding of the city in 1608 by the
French explorer Samuel de Champlain, who established the early
settlement on the banks of the St. Lawrence.

The Old Town has been designated a Unesco World Heritage site as one
of the best examples of a fortified colonial city.

Quebec is divided into the Lower Town and the Upper Town, connected
by steep streets, funiculars and staircases.

Old Quebec, located in Upper Town, has many restaurants and shops
and is in the part of the city within the walls of the old
fortifications.

Just outside the gates is the public park named the Plains of Abraham
where a battle in 1759 resulted in the French ceding Quebec to the
British.

Nearby, down the dizzying steps called "Breakneck Staircase", is the
Lower Town, once a gritty industrial area, recently revived by young
artists and entrepreneurs.

Narrow streets and limited parking make these areas ideal for walking.

Even without the anniversary celebrations, there will be plenty to
occupy the visitor.

Please visit the website www.quebecregion.com.