Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

韓国の遊び(2) By アジョッシ ...biz     

今日も韓国の遊びを紹介します。

前回は「チェギチャギ」をお話しましたが、知っていましたか?

今日お話しするのは、韓国式のシーソー。

日本にもシーソーはありますよね(-^〇^-)

しかし遊び方が少し違います。

さて、どのようにして遊ぶのでしょうか?

シーソーと言えば、長い板の中心に支点があり、その両端にそれぞれ人が座りますよね。

そして、体重を利用して遊びます。

これは、韓国式シーソーも同じ原理です。

では、どこが違うのでしょうか?




大きく違うのは、板の上に乗る姿勢です。

日本のシーソーのように座るのではなく、2人の人が両端にそれぞれ立って行なうのです。

もちろん、公園に行けば日本同様のシーソーはありますよ(^◇^)

今お話しているのは、伝統の遊びです。

さて、その両端に立って行なうシーソーの名前は、韓国語で「ノルディギ」です。

辞書で調べても、載っているはずです。

それ以外は普通のシーソーと同じで、相手の体重を利用して、自分は高く飛び上がるというわけです。

この遊びは旧暦の正月に、女子供が主に楽しみました。

とくに高麗時代に特に流行った遊びで、その後も封建社会により限りのある生活環境で、女子供が、楽しめる数少ない遊びだったのです。

2007年6月24日 (日)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.122 ...biz 

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
題名:   Going Nose-to-Nose With a Great White

記者: By JOSHUA HAMMER

発行日: June 17, 2007

URL: http://travel.nytimes.com/2007/06/17/travel/17explore.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行メルマガ:【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう!
http://www.mag2.com/m/0000149835.html

【携帯版】NY TIMESの要約を読んでみよう!
      http://mini.mag2.com/   ID:M0068908



【Passage/本文】
It was not the most comfortable position in which I had ever found
myself.

I was encased inside a ten-foot-long aluminum cage that dangled off
the side of the dive boat, submerged up to my neck in 57-degree sea
water of the Indian Ocean.

I had been stuck in this awkward pose for nearly an hour, waiting to
catch a glimpse of the great white shark in its natural habitat.

Like many people, I am fascinated by great white sharks, but until
I ventured out on this shark safari in South Africa, I'd never seen
one of these fearsome creatures in the flesh.

They are almost impossible to keep alive in captivity because great
whites are among the world's most nomadic creatures.

One was recently tracked from South Africa to western Australia and
back over a period of nine months, a distance of 12,000 miles.

On the deck of the Shark Team, the crew dragged ropes tied with fresh
bait --shark liver, chunks of yellowfin tuna--around the boat,
trying to lure the great white into proximity.

Then a crew member aboard the Shark Team, shouted: "Shark! Get ready!"

Whirling around, I saw just beneath the surface a massive gray
missile hurtling toward us.

The crew member pulled the bait line toward the boat; the creature
kept coming.

Then, amazingly, the great white lurched out of the ocean, eyes
bulging, jaws snapping, teeth flashing.

A 10-foot-long gray mass of muscle and cartilage, he twisted left,
then right, in furious pursuit of the bloody chunk of yellowfin.

The water frothed around him as he lunged for the bait, and as he
slammed his massive body back down into the ocean, cold spray
washed over all of us.

A few seconds later, the monster was gone.

But those few thrilling seconds had made the trip aboard the Shark
Team worthwhile.

2007年6月22日 (金)

市民税・県民税の値上げ ...biz

みなさん!最近県民税・市民税が値上げになったのを
ご存知ですか?

川崎市のHPより抜粋 
◆平成19年から市民税・県民税が大きく変わります◆

http://www.city.kawasaki.jp/23/23syunou/home/kaisei/zeisei.html

Markも嫁さんから「給料も上がってないのに、県民税・
市民税が3倍になっているのは、どうなっているのか」と
厳しい確認要請がありました。



まず、所管の加古川市役所に行って確認したところ、
一時的に県民税・市民税が上がる形となるが、来年の
所得税が同じくらい減るので、年間通してみると、
影響がないとの説明がありました。

ただ、Markの場合、給料支給額が変わらないのに、
金額が3倍になっていたので、昨年納付記録を見て
再確認しました。

よく調べてみると、年末で修正申告をしたにも係わらず
源泉徴収表が誤っていることが判明し、結果として
所得税が還付されることになったのですが、税務署の
対応には多くの??が多くつきます。

まず、所得税の確定申告後に、その内容が不明との
ことで、すべての資料を持って行ったにもかかわらず
修正申告でその簡単な誤りに気がつかなかったこと。

(これはショックです。還付が減ることに関しては、
修正指導がなされていますが、還付が増えることに
関しては無視されているのか、何も修正がありません
でした。)

次に、本日行った更正の請求書で、源泉徴収表の
記載誤りの修正ができた訳ですが、その修正に2−3
ヶ月かかると言われたこと。

(なんでそんなことで2−3ヶ月もかかるのか?
普通の会社だったら、翌日に修正されるべきもの
ではないでしょうか?)

次にびっくりしたのが、市役所の対応でした。
基本的に会社は源泉徴収表を税務署と市役所に
写しを提出します。

市役所は、正しい源泉徴収表を持っていたにも拘らず、
税務署からきた給料所得をそのまま記載していました。
因みに、市役所に確認した時には、オンラインか何かで
すぐに正しい数字が出てきました。

(なんで市役所は自分のところに写しをもらっている
源泉徴収表の数字を使わずに、税務署の数字を使うのか?)

担当された人は、公務員的な発想で、会社は市役所に
写しを渡す義務があると言われていましたが、それを
市役所が使わないのであれば、その作業は無駄という
ことになります。

このような無駄な作業(税務署と市役所に源泉徴収票を
渡すという作業)を省いていけば、国全体として税金の
節約が図れ、公務員の経費も削減できるのではないで
しょうか?

今日一日走り回って、市民税・県民税が10万円余計に
徴収されることを訂正し、所得税の還付が7万円くらい
でてきたので、17万円儲けた事になりますが、今日一日で
縦割りの行政の仕組みを見直すべきであると実感しました。

目下、政治関係では次のようなブログで情報をまとめて
いますが、今後地方自治や国の制度改革が必要という
目でいろいろ見ていこうと思います。

マニフェスト検証サイト

団体研究

いろんな意見を言おう!

社会保険庁は必要?(5)  ...biz

最近毎日のように社会保険庁の対応のまずさに
ついて報道されていますが、Markは約1年くらい
前からこのブログで、社会保険庁は解体すべきで
あるという記事を掲載してきました。

2007-05-27
社会保険庁は必要?(4)
2006-10-17
社会保険庁は間違いなく不要!

2006-08-29
社会保険庁は必要?(3)

2006-08-28
社会保険庁は必要?(2)

2006-07-07
社会保険庁は必要?

そもそも私が社会保険庁の体質が悪いと感じたのは、
2006年7月6日のasahi.comで「違法免除・猶予19万人に 
国保不正で社保庁調査結果」と題する記事が掲載
されたことからでした。

公務員が自分で公文書偽造をやるということは、国民の公僕
という観点から信じがたく、想像を絶するものでした。

現在、5000万件の記載誤りがあるので、過去にわたって
すべてデータを作り直すという作業を1年以内に行って
政府は何とかお茶を濁そうとしています。

これが民間であれば、しかるべき訴訟対象となり、
今まで関与してきた人が何らかの制裁を受けることと
なりますが、政府は社会保険庁を守り続けるので
しょうか?

Markの場合は、1年以上から社会保険庁に対して
怒ってきていますので、だいぶその熱も冷めていますが、
過去にまじめに収めた記録が証明できず、年金を
もらえない人を考えたり、今まで年金を払ってこなかった
人が漁夫の利を得るような悪平等の処理が行われないように
監視を続けたいと思います。

2007年6月21日 (木)

韓国の遊び By アジョッシ ...biz   

今日は韓国の遊びを紹介します。

日本でもそうですが、韓国でも伝統的な遊びは消えつつあります。

しかし、正月、子供の日などの特別な日にはまだまだ、見ることができます。

国をあげて伝統の遊びを守ろうとしているのでしょうね(^◇^)

その遊びの一つが「チェギチャギ」です。

名前を聞いたことはあるでしょうか?

名前は知らなくても、ドラマや映画で見たことのある人がいるのではないでしょうか。

では、この「チェギチャギ」とはどんな遊びなんでしょうか?

これは、一言でいうとサッカーのリフティングのようなものです。

手を使わずに、脚だけでする遊びです。

ただリフティングと違うのは、ボールを使わないということ。

使うのは羽根つきの、羽根のようなもの。



つまり、バトミントンの羽根のようなものを脚でけって遊ぶのです。

その羽根を一人で、地に落とさないように何回けることが出来るかを競うものです。

場所をとらず、遊べるので部屋の中でもできますよ。

機会があれば、是非遊んでみてください^^

羽根は韓国に行った際に買うもよし、作ってもいいのではないでしょうか(=^_^=)

2007年6月19日 (火)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.121 ...biz

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名:   Judge Tries Suing Pants Off Dry Cleaners

記者: By ARIEL SABAR and SUEVON LEE

発行日: June 13, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/06/13/us/13pants.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行メルマガ:【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう!
http://www.mag2.com/m/0000149835.html

【携帯版】NY TIMESの要約を読んでみよう!
      http://mini.mag2.com/   ID:M0068908


【Passage/本文】

In the spring of 2005, Roy Pearson Jr. wanted to dress sharply for his
new job as an administrative law judge.

Judge Pearson owned exactly five suits, one for each day of the
workweek.

The waistlines had grown uncomfortably tight, so he took the suits to
Custom Dry Cleaners for alterations.

When the owners, Korean immigrants who came to America in 1992, could
not find one pair of pants, Judge Pearson demanded $1,150 for a
replacement suit.

The owners did not respond.

Judge Pearson was annoyed and sued for $67 million.

Using a complicated formula, Judge Pearson argues that the owners---
husband, wife and son---each owe $18,000 for each day because the signs
at their store promised "Same Day Service" and "Satisfaction Guaranteed."

Judge Pearson cast himself as a victim of a fraud on a historic scale,
perpetrated by malicious business owners who had no intention of
delivering on those promises.

The trial opened in a crowded courtroom last Tuesday in Washington and
got off to a rocky start.

While recounting the day he says the cleaners lost his pair of pants,
Judge Pearson began to cry, asking for a break and dabbing tears as he
left the courtroom.

The trial has been ridiculed on talk radio as an example of American
legal excess and has spurred public complaints.

Trial lawyer groups are worried about its effect on public trust in the
legal system.

A professor of law at Georgetown University said, "I don't know of any
other cases that have been quite this ridiculous."

2007年6月15日 (金)

グローバル・シーの携帯サイトご紹介 ...biz

グローバル・シーでは、インターネットだけでなく携帯
でもいろいろな情報を発信できるような携帯サービスを
始めました。

 NY TIMESの要約を読んでみよう  http://ktai.at/global


読者が4千人いるまぐまぐの殿堂入りメルマガ「【音声付】
NY TIMESの要約を読んでみよう!」の情報や、メルマガで
発信している記事の要約に対する英語での質問とその回答は
別途携帯用メルマガでも発信しますので、是非登録して
ご利用下さい。

  http://ktai.at/global

グローバル・シーが1998年より日々の為替・株式情報を
記録したサイト(金融情報暦)にも簡単にアクセスできます。

特に、グローバル・シーが発行する100以上のブログにも
アクセスできますので、面白そうなタイトルを見つけて、
後で読みたい場合は、そのURLをメールで送れば、後で
大画面でゆっくり必要なものだけ見れるようになり大変便利です。

グローバル・シーのブログ集: http://www.global-c.biz/link/index1.html


 是非、一度グローバル・シーの携帯サイトを登録・ご利用くださいね。

  http://ktai.at/global

2007年6月14日 (木)

梅雨について By アジョッシ ...biz 

前々回にも、お話をしましたが、今日は梅雨について。

韓国でも梅雨があることは、前にもお話をしましたよね。

その後、日が過ぎて梅雨に関する予報をニュースで見るようになりました。

今日はそのニュースの内容をお伝えしようと思います。

梅雨を前にした韓国では、最近、晴天が続いています。

5月は、週末に数度雨が降ることが多かったのですが、ここ数週間は完全に夏を思わせる天気です。

気温自体はまだ、そんなに高くはないのですが、やはり日差しは強いです。

では、今年の梅雨予報はどうなのでしょうか?

このままの天気が続き、空梅雨になるのでしょうか?



予報では、どうもそうではありません。

今週の半ばくらいまで、このような晴天は続きますがその後、梅雨入りするそうです。

現在の所、平年よりも数度高い天気が続いている韓国ですが、梅雨は避けられないみたいです(^◇^)

今週に数回雨が降った後、本格的に梅雨入りするということですので、目と鼻の先といった感じですね。

今年の梅雨の傾向ですが、梅雨初期には集中豪雨が頻繁に起こり、7月に入ると小康状態になるそうです。

ということですので、韓国旅行を考えておられる方、天気も考慮してくださいね(=^_^=)

また毎年、梅雨には事故が発生するものです。

皆さんも、どうぞ注意してください。

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.120 ...biz      / Global-C

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Travel Tips From a Dog's Best Friend

記者: By MICHELLE HIGGINS

発行日: June 3, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/06/03/travel/03pracdog.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これに関する質問と回答は、次のメルマガを購読下さい。

http://www.mag2.com/m/0000149835.html

【Passage/本文】

TRAVELING with pets is an increasingly common affair.

The travel industry has been quick to cash in on this trend: many
hotels now offer packages with pet beds and special room-service
menus for four-legged companions.

But many pet owners still have concerns about hitting the road --or,
to be more specific, the sky.

More than two million pets and other live animals are transported
by air every year in the United States and though rare, incidents
involving the loss, injury or death of animals do happen.

During June, July and August of last year, 12 animals, mostly dogs,
died, 3 were injured and 4 were lost during air travel.

For tips on traveling with your dog I talked with Cesar Millan, a dog
behaviorist and best-selling author, better known as National
Geographic Channel's Dog Whisperer.

I asked him if he had any advice for people who can't take their pets
cross-country by car. This is his answer.

It's easier to fly with small dogs because they're next to us, right
there under the seat, as they request on the airline.

They're going to feel the altitude and I'm going to be right there to
calm them down, just to make them feel relaxed.

But until I get my own private plane, my large dogs will not fly
because the baggage area where the airlines put the large dogs are
not very controlled.

Airlines have to be able to make sure the temperature is ideal, and
ideally a human can be there just to provide some kind of comfort to
dogs.

I hope the airlines will get smart about it and learn that it's good
business.

Once you arrive at your destination, make sure you take your dog for
a long walk before you go inside the hotel.

This will give a dog a better understanding of where they are and
that the same rules and boundaries that you might have in L.A. exist
in Florida.

That will make him feel so comfortable, so at home, and enjoy his new
adventure.




2007年6月10日 (日)

韓国の休日について By アジョッシ ...biz

今日は韓国の休日についてです。

日本にも祝日があるように、韓国にも祝日があります。

その祝日の一つが、6月6日です。

この日を韓国では『顕忠節』と呼びます。

皆さんはご存知でしたでしょうか?



では、この『顕忠節』どんな日なんでしょうか?

ちなみに読み方ですが、これは

ヒョンチュンジョル と読みます。この日は、国のために命をささげた人々を弔う日なのです。(-^〇^-)

これは1956年に初めて施行され、大統領以下 政治家そして、

国民が国立顕忠院を参拝し、この日の午前10時に流れるサイレンと共に

1分間の黙とうをし、故人の冥福を祈るのです。

どんな日なのかご理解いただけたでしょうか?

詳しく知りたい方は、インターネットで検索してみてください。

おそらく、さらに詳しく知ることができるはずです。