Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.114 ...biz         

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Bees Vanish, and Scientists Race for Reasons

記者: By ALEXEI BARRIONUEVO

発行日: April 24, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/04/24/science/24bees.html?8dpc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【Passage/本文】

What is happening to the bees?

More than a quarter of the country's 2.4 million bee colonies have
been lost --tens of billions of bees.

So far, no one can say what is causing the bees to become disoriented
and fail to return to their hives.

People have blamed genetically modified crops, cellular phone towers
and high-voltage transmission lines for the disappearances.

Or was it a secret plot by Osama bin Laden to bring down American
agriculture?

Investigators have heard it all.

Scientists first learned of the bee disappearances in November and
have been trying to find answers to explain 'colony collapse disorder',
the name given for the disappearing bee syndrome.

They are focusing on the most likely suspects: a virus, a fungus or
a pesticide.

A recent survey of 13 states showed that 26 percent of beekeepers have
lost half of their bee colonies between September and March.

Researchers expressed concern about the speed at which adult bees are
disappearing from their hives; some colonies have collapsed in as
ittle as two days.

Others noted that countries in Europe, as well as Guatemala and parts
of Brazil, are also struggling for answers.

Honeybees are arguably the insects that are most important to the human
food chain because they are the principal pollinators of hundreds of
fruits, vegetables, flowers and nuts.

Large bee losses are not unheard of.

They have been reported at several points in the past century.

But researchers think that they are dealing with something new --or at
least with something previously unidentified.

これに関する質問と回答は月曜日のメールマガジンで
音声付で配信しますので、答えてみてくださいね。

メルマガの登録の必要な方は、下記で登録できます。

 http://www.mag2.com/m/0000149835.html

2007年4月28日 (土)

EDS Byron Nelson Championship

EDS Byron Nelson Championshipが4月26日から29日まで
テキサス州アービングのTPC Four Seasons Resort
Cottonwood Valley GCで開催されています。

賞金総額: $6,300,000 優勝賞金:113万ドル 
距離:7,022/6,847 Yards

3日目途中を終わって、Luke Donaldが7アンダーで首位、
1打差2位には3選手、3打差7位タイには目下賞金ランク1位の
Vijayとなっています。

日本選手では丸ちゃんが3アンダーで12位タイ、今田が
2アンダー20位タイと健闘しています。



http://www.pgatour.com/leaderboards/current/r019/index.html

丸山大輔、知り合いのJPは予選落ちしています。

Tigerは出場していませんが、誰が勝つでしょうか?

追記
今日3年ぶりくらいにラウンドしてきました。3年もやって
いないとヘッドアップはするわ、バンカーからは出ないわ、
アプローチで2回もOBするわでスコアーは散々でした。

でも天気が良かったのと、パーが2つ取れて気分は
上々でした。

2007年4月27日 (金)

韓国の雑煮の話 By アジョッシ     

今日お話しするのは、韓国の雑煮の話。

または湯餅とも言います。

この雑煮は、日本同様 そもそもは新年初日に食べたものでした。

これは牛の胸肉をゆっくり、やわらかくなるまで煮込んだあと、白い餅を薄く切ったものを入れた後、さらに煮込んだもの 。

雑煮で使う、牛の胸肉や脚の骨の代わりに、鶏がらスープや、イワシダシ、または肉とイワシのダシを半々混ぜて作ることもあります。

卵の白身と黄身を千切りにしてのせたり、のりを潰して入れたりもします。

どんな食べ物か想像がつきましたか??



では、その味はと言いますと、日本人でも食べやすい味で、どうも塩で作る家庭と、しょうゆで作る家庭があるみたいです。

家庭ごとに味に違いはありますが、おいしいですよ(^◇^)

日本の雑煮との大きな違いはといいますと、やはり餅に粘りがないと言うこと。
簡単に噛み切れてしまうんですよ(T_T)

ただ日本のように小さな茶碗で食べるのではなく、大きなどんぶりにタップリ入れてくれます。

正月は本当に、家畜かと思うくらいたくさん食べさせられます。

食事だけでなく、食後には果物、飲み物など次から次へと出てくるんですよ^^

日本人と韓国人の体型の原因はやはり、食べる量と、食物の種類から来るんでしょうね。

2007年4月24日 (火)

三角合併が来月解禁されます...biz

企業が自らの株式を使い他社を買収できる「三角合併」が
来月解禁されます。

弊社では、特別サイト「三角合併.jp」を開設し関連情報を
まとめています。

 http://sankaku-gappei.seesaa.net/

今まで外資が日本の会社を買収する際には、現金が必要
でしたが、自社株と交換するだけで買えますので、
これから外資による会社買収が増えていくでしょう。

時価総額が大きい海外の会社が、日本の会社を傘下に
収めるつもりがあれば、自社の株主に説明をして了解を
取り付けば、日本中の上場会社は買収のターゲットに
なります。



対抗策はいろいろありますが、経営者サイドが小手先で
対応しても無駄のような気もしますので、経営サイドは
普段から経営手腕を磨く以外ないでしょう。

この制度が解禁された以上、今後外資が日本の会社を
牛耳ることになることを前提に、国民全体が対応した
方がいいでしょう。

重要なのは、株主が誰になろうと、その会社が現在ある
場所に存在し続けることであって、雇用が確保される
のであれば、持ち主が誰であっても関係ありません。

2007年4月23日 (月)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.113 ...biz         

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: No Spitting on the Road to Olympic Glory, Beijing Says

記者: By JIM YARDLEY

発行日: April 17, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/04/17/world/asia/17manners.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


質問とその回答


【Content Questions/内容についての質問】

1 What event are Chinese officials worried about?

2 What three things do Beijingers do that may insult foreigners?

3 'Crab' is sometimes spelled what other way in China? What does this
word mean?

4 How is a young chicken referred to on some menus?

5 What have officials done to address the many poor translations in Beijing?


【Answers to Content Questions/内容についての質問の正解】

1 They are worried about the 2008 Summer Olympics.

2 They spit everywhere, often curse, and do not line up in an orderly way.

3 Crab is sometimes spelled crap, which means feces.

4 A young chicken is sometimes called a sexually inexperienced chicken.

5 They have hired scholars and experts to correct the bad English translations.

本文を読みたい方は、メルマガに登録してください。


  http://www.mag2.com/m/0000149835.html


2007年4月19日 (木)

韓国の人形の話 By アジョッシ     

今日お話しするのは、韓国の人形の話。

韓国で数年前に流行した人形なのですが、それはウサギ。

そう、ウサギの人形です。

普通のウサギの姿にはほど遠い、なんとも可愛いウサギなのです。

耳は短く、手足も短い。そして、頭でっかちで、丸々したウサギです。

その憎めない風貌のため、私もいくつか人形や、貯金箱を買ったくらいです。



そのウサギの名は マシマロ です。

聞いたことはあるでしょうか?

このウサギは、猟奇的なウサギと称されるほど、行動は過激なのです(-^〇^-)

動画を見たことがあるのですが、とても怒りっぽく、攻撃的なウサギでした。

しかし、行動とは裏腹に、とても憎めないキャラクタです。

韓国の町を歩いていると、まだ見かけることがあります。

人形を売っているところであれば、かならず見つけることが出来るでしょう。

時には身長が1メートルくらいの人形まで、街中で見かけることがあります。

もし韓国で見かけたら、是非写真を撮られてはいかがでしょうか(=^_^=)

2007年4月16日 (月)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.112 ...biz       

音声ファイルを聞く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: English as Language of Global Education

記者: By DOREEN CARVAJAL

発行日: April 11, 2007

URL: http://www.nytimes.com/2007/04/11/education/11english.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

殿堂入りの無料メルマガ登録がまだの方は
  ↓    ↓      ↓
http://www.mag2.com/m/0000149835.html
【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう!



TOEICなら AmEnglishです。

  http://www.global-c.biz/AmEnglish/

  無料体験をしてみましょう!
  
  http://www.amenglish.com/products/cd/partners/cd.htm

  
  http://www.global-c.biz/AmEnglish/slideshow.swf


 適しているかどうかアセスメントテストをしてみよう!
   http://www.amenglish.com/products/writenow/needsassessment/needsassess.html

【Passage/本文】

In economics, like most scientific fields, most research is published
in English.

In the last five years, the world's top business universities have
been pushing to make English the teaching tongue in a calculated
strategy to raise revenues by attracting more international students
and as a way to respond to globalization.

Revenue is very important, and in order to provide good services
universities need larger numbers of international students.

Over the last three years, the number of master's programs offered in
English at foreign universities has more than doubled, to 3,300
programs at 1,700 universities.

The trend is a natural consequence of globalization, with English
functioning as Latin did in the 13th century as the lingua franca
most used by universities.

English is also spreading to the undergraduate level, with some South
Korean universities offering up to 30 percent of their courses in the
language.

Officials at Ewha Womans University in Seoul are aware that they face
a difficult task at the first stage of their Global 2010 project,
which require new students to take four classes in English.

Students are very good on written tasks, but there's a lot of reticence
on oral communication and talking with the teacher.

Getting students to feel comfortable speaking English in the classroom
is easier said than done and when younger students start a required
course in organizational analysis, the atmosphere is marked by long,
uncomfortable silences.

At the beginning, teaching courses in English may be less efficient or
effective in terms of knowledge transfer than those courses taught in
Korean, but students markedly improve their oral skills.

The aim for this kind of program is to prepare and equip them to be
global leaders in this new era of internationalization.

English is the language for international teaching and allows students
to be able to study anyplace in the world and for students --from any
country --to go everywhere.

本文の要約




音量が低い方は左のボリュームを上げましょう!

■メルマガ登録: http://www.mag2.com/m/0000149835.html



2007年4月13日 (金)

韓国の清渓川について By アジョッシ    

今日お話しするのは、ソウル中心部を流れる清渓川について。

前にも少し触れたことがありますよね(=^_^=)

この清渓川、現在ソウル市民の憩いの場所となっています。

この清渓川、字を見れば川なのですが、皆さんが想像するような大きな川でなく、小川と言った方がいいかもしれません。

この小川の両側に、ウォークロードが作られているのです。



このウォークロード、以外に長いため端から端まで歩いたことはありませんが、元気な方は一度 完歩されてみては?

歩くのが面倒な方は、この清渓川を循環するバスを利用するのも一つの方法だと思います。

所要時間は、2時間弱程度で 1日に5回運行ということなので、空いた時間に利用するのもいいですよね(^◇^)

さて、このバスですが2階建てのバスもあるそうです。

私も昨年利用しようとしたのですが、残念ながらチケットが売り切れのため利用することは出来ませんでした。

ご利用になる場合は、早めに予約することをお奨めします。

休日は人気が高く、平日の方が予約できる確立が高いというので、曜日を考慮されるのも方法かもしれません。

予約はインターネットでも可能だそうです。

ご興味のある方は是非調べてみてください。

2007年4月12日 (木)

交通機関・災害時にはどうするか?(7) By 南果

◆車で島々への旅にはフェリーの利用に成ります。特に中型の船で、波
(Gelombang)の荒い季節(Musim)に制限積載量以上の荷重状態で出航し、
沈没(Tenggelam)するケースが有ります、要注意。

◆小型客船にはいい加減な船もあり、航行途中でエンジン・トラブル、辺鄙な
島へ流された事もあります。

◆船籍、船齢、エンジン状態 (ke-ada-an) などの資料は持っていないので、
我々が事前に調べる事は不可能です。



◆イリアンには細長いカヌーに船外機を付けたものがあります。「落ちたら
サメの餌食だな」なんて思った事ですが、2ヶ月程前、TV7と言うテレビ局の
スタッフが取材の為イリアンの離島を2隻のカヌーに5-6人が分乗し
サーベイ、夜間豪雨(Hujan Deras)の中1隻が不明
(Hilang) となり、1週間探索 (men-cari) したが発見されず。

◆指定席の列車に乗ってしまえば、マアマアですが、席に着くまで駅構内、
ホームの混雑の中を歩かなければ成りません、スリに注意する事。

◆指定席に空きが有れば、車内でも車掌から切符を買えます。

◆車内での食事は日本の皆さんには合わないでしょう(Tidak Cocok)。
本を読むにも揺れ(Goyang)が酷く、無理です。

◆保守、管理に問題有りで、色々な事故が起きますから、
特急でも何時何処で停車するかも知れず、何が原因か、
今後の予定はどうなるか、掴む事が困難です。

◆自分から積極的 (Agresif) に情報(Informasi)を収集
(Kumpul)し、対処しなければなりません。

◆タイトルに書いた{交通機関}{災害}に続くキーワードは{言葉}に成り
そうです。

◆なるべく早く相手の言葉を聞き取り、短い言葉でも対応出来る様訓練が必要
です。命に係わる事に成るかも知れません、文法、発音は後回しです。

◆この国の人達の大部分 (mayoritas) は個人的付き合いに於いては非常に
友好的です。

◆外交上手ですから、会話相手である我々に不快な感じも与えません、有り
難い事です。

◆人を選ぶ事は必要ですが、気軽に物を尋ねても大丈夫です。
但し、女性に接近し、余り馴れ馴れしくしない事です、因習も有り嫌がられます。

◆最後に、ご注意を:−
列車の駅(Stasiun)、バス、船の波止場には多数のCaloや、得体の知れない
(Tidak jelas Identasnya人達が大勢居ます、有事には立ち寄らない事です。

◆週末 (Akhir minggu) 前後に祝日が重なり、長期休日に成る時の
交通機関は満杯です。バスに限らず全ゆる交通機関の切符
料金が高騰します。

◆コンダクター(Konduktor)と客との間、客と客との間にAnjing(犬)、Monyet
(猿)、Goblok〈鈍重〉、Brengsek(畜生)等の罵声が飛び交う事もしばしばで、
荒れますから要注意。

◆列車(Train)の指定席、バスのPatas夜行便(Bis Malam)には、
ねずみ避けか、昆虫よけの為か寒くなる様なクーラーが
効いています。両者とも毛布を貸して呉れますが、
それでも絶えられない程です。

◆こちらの人は防寒帽を冠り、キルティングの防寒ジャンパー(Jaket)の襟を
立てている人もいます。

◆往き帰りの荷物(Bagasi)が大きく成るのが困りものです。

2007年4月 8日 (日)

The Masters

Masters Tournamentがジョージア州Augusta National Golf
Clubで4月5日から8日まで開催されています。

3日目を終わってApplebyが2オーバーで首位、Justin Roseと
Tigerが1打差2位タイにつけています。

http://www.golfsurround.com/masters/2007/scoring/index1.html

日本選手では谷原は予選落ちしていますが、SHINGOは3日目
大たたきで15オーバーの51位タイとなっています。

優勝候補はやはりTigerと思いますが、6オーバーくらいまでは
みんなチャンスがあるので、最終日は運次第でしょうか?

昨年優勝のPhilは6オーバーですが、爆発したら連覇の可能性
もあるでしょう。

PGA TOURの最高峰トーナメントだけに、TVでゆっくり堪能
したいものです。

皆さんは誰が勝つと予想しますか?