Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« The Sun Also Sets at Huangshan (12) By Jim Jen   | メイン | 韓国の結婚式 Byアジョッシ »

2006年11月 1日 (水)

Mixiの評価について  ...biz

(株)ミクシィ (マザーズ:2121)の11月1日の
市場の評価は、時価総額1711億円、発行済株式数 
71,600株 終値239万円となっています。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=2121.t&d=t

2000年10月に設立された会社が6年後には1711億円
の市場評価がなされており、1株を持っていれば
239万円の価値があると市場は評価しています。

この急成長した会社の市場評価がM&Aの資産評価で
説明できるかどうか検証してみましょう。

この会社の前期(2006年3月期)の決算は
売上高19億円、総資産13億円、繰越損益6.7億円、
http://profile.yahoo.co.jp/biz/independent/2121.html
http://mixi.co.jp/1803.pdf



これに今まで説明してきたM&Aの評価方法を
当てはめてみましょう。


(1)時価純資産価額法

時価純資産価額法を適用すると、2006年3月末の
時価(純資産)をひいき目に見ても8億円、
過去3年の平均利益の2億円でその5年分を営業権と
しても合計18億円で、この高い時価は説明できません。


(2)収益(配当)還元法

時価が高くなっていることを説明できるモデルとしては、
収益還元法で、会員が500万人以上いることで、将来の
キャッシュフローがかなり高くなっていることより
説明できる可能性があります。

例えば、毎月300円を会員に課金することができれば、
年間180億円の利益が出るわけで、それが実現できれば
ヤフー株よりも半分以上割安と見ることもできます。

配当還元法は、現時点で配当等がなされていないこと
より適用できません。

(3)類似業種(会社)比準法

類似株式としてヤフー(株)を見てみましょう。

時価総額2兆7692億円 発行済株式数 6046万株 
終値45800円

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4689&d=t

この会社の前期(2006年3月期)の決算は
売上高 1544億円、総資産1872億円、繰越損益1252億円

http://profile.yahoo.co.jp/biz/independent/4689.html

1株あたりの時価総額と繰越利益の倍率がヤフーが
22倍に対し、ミクシイが255倍と、10倍以上ヤフーと
比べて割高と言っていいでしょう。

この方法による会社価値算出は、類似会社を
見つけるのが難しく今回の比較も時下の妥当性を
説明できるものではありません。

この会社の評価は、500万人以上いる会員の評価を
どのように試算するかで、単に会社を売却するよりも、
会社の株式を公開することで、市場の高い評価を
得ています。

ただ、この無形資産である500万人の会員の評価が
下がれば、ミクシィの市場価値は急落するでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350123/14209091

Mixiの評価について  ...bizを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。