Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日 (日)

The Sun Also Sets at Huangshan (12) By Jim Jen  

中国系アメリカ人のJenさんの自伝です。

Zhu-Jia Kuoの同窓会はどうだったのでしょうか?

It was a nice day to be out to Zhu-jia Kou,
about one hour drive from Shanghai, for a
class reunion with Ann’s high school classmates.

Her school was the same primary school I
attended, established by the same educator.

We were to be picked up by a chartered bus
at 9 a.m.



Therefore, I had time to drop off the
Huangshan films and stop by the new Shanghai
Library to check my e-mail and stock quotes.

I already knew that some of my stocks were
doing well from a telephone conversation
with my niece Kong Mian in Hong Kong.

She was kicking herself for not following
the hot tip stock that I had given to her five
days ago.

The stock already had gone up 30%.

Shortly after my return from the Library,
Lao-da Goa (Elder Big Brother, a title of
respect) and Lo Yui-lan (Ann’s close friend)
were at the door.

It is a Chinese custom for key hosts to come
to the door for escorting honorable guests;
we were overwhelmed by their kindness.

Ann was having a phone conversation with
Kwang-tze, the elder daughter of my brother,
also in Hong Kong.

A warm hug, and a broad smile triggered off
a happy day, particularly for Ann.

There were thirty-two participants in the
re-union.

Of course, the time was specially arranged
to fit Ann’s schedule.

We were grateful for those who organized the
event in very short notice.

A banquet type dinner was set up in an
exclusive second floor of a country style
restaurant at Zhu-jia Kou.

The room was barely able to accommodate
our three tables.

We were the guests of the classmates, and
undoubtedly the center of attention.

After an introductory remark, organizer
Chiang Din-fong asked both of us to say a
few words.

I briefly talked about the trip, my work,
and Ann’s work before turning the floor to Ann.

She was bubbling with excitement to see so
many of her classmates as some of them we
didn’t meet last year.

At the end, she promised to come back next
year, about the same month, for another reunion.

The group toured the re-created village,
with a setting of a river and several old bridges.

Sampans were there for hire.

Many souvenir shops crowded the already
congested alleys.

From the merchandise displayed in these shops,
we could see that the main native specialty
was Tsong-tze, the sticky rice with pork
wrapped in bamboo leaves.

I suggested to the tour organizer Chiang
Din-fong that we should get four Tsong-tze
for each participant, as a token gift from
Ann and me.

Chiang approved of this idea and started
his bargain skills with one vendor.

In all, we bought 128 Tsong-tze, in 32
packages.

While touring the site, Ann asked her
friends to help me walk so that I won’t
trip or fall.

I enjoyed having different girl friends
to keep me company as well as to watch
over my safety.

Special friends deserve mention are San-san,
Lo Yui-lan, Chiang Wei-xun and Chian San-tsu,
without their assistance I would mostly
likely run into difficulties with the
cobble stones and steps.

The charter bus took us back to Hunan Road.

We bade good-bye to all our friends on
the bus, promising another meeting next year.

It was a very special day.

Our own schedule did not end yet.

Ann’s friends from her work place, Spare Rib
and Master, were expected to have dinner with us.

Ann gave the nickname Spare Rib to her close
friend because she was tiny many years ago.

Master was actually a gentle lady.

Under her supervision, Ann gained the skill
as an instrument assembly inspector.

Both of these friends are still working, much
beyond the mandatory retirement age in China.

My sister-in-law strongly suggested that we
stay home for dinner with them.

Two more friends would not be a problem.

Since we were tired from the all day trip,
we agreed to have dinner with them.

All of us actually enjoyed the home cooked
meal much more than if we had gone to a restaurant.

My brother enjoyed meeting Ann’s friends.

He was obviously very happy to participate
in whatever subjects came up during the
delicious dinner.

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(5)By 南果

◆先日PCを新しい場所で使う事になり、PCを持って
出かけました。

◆使い始めて直ぐ家屋が停電(Mati lampu)と
成りました。所有電力一杯の機器を使っていたので、
PC初動電力負荷を受けきれ無かったのです。

◆電力安定器を使いましたが、此れもショート
(Konslet)し壊れました。PCのアダプターが
先ず(Sebelumnya)やられてしまって居た為です。

◆アダプターを買おうと探し(men-cari)ましたが、
私のPCは日本製、PC本体の付属品として付いて
(Ikut)いるので、アダアプター単体
(Cuma itu saja)では入手不可能だと言う。



◆それでは修理(mem-perbaiki)して呉れないか
と言うと「アダプターの部品は2時間先の大きい町
へ行かなければ、有るかどうか解らない」と言う。

◆結局1週間かけて探してもらい修理しました。
修理代金(Ongkos perbaikan)は約(Per-kira-an)
¥700.−

◆同時に壊れた電力安定器を開けて内部
(Bagian dalam)を見ると、外装の表に
書いてあるFUSEとそれらしいボタンの裏側
(Belakang)には何の部品も付いていません。
見せかけのFUSE印(Tanda)でした。

◆当地で評判の良い安定器はMATSUNAGAと言う
ブランドですが日本製かどうか調べた事はありません。

◆今回壊れた物のメーカー住所(Alamat)は
ジャカルタで、調べて見ると3種類違うブランド
の安定器を製造販売しています。1種は日本語の
ブランドです。

◆MATSUNAGA製より高値の物ですが、FUSEの裏には
何も無い製品を作るメーカーでは日本社の
アンダーライセンスでは有り得ないでしょう。

◆この等の一寸した機器類には保証書(Surat
garansi)が付いています。保証書は正規のもの
です。故障品と保証書を買った店へ持って行くと、
店は「ジャカルタのメーカーに送る」と言います。

◆その後に続く言葉の多くは「故障の程度が
軽ければ無料(Tanpa bayaran)で或いは小額の
支払いで、直すだろうが重傷(Luka berat)の
場合は新品(Barang baru)と取り代えるかどうか、
私共(Kami)には解らない」と答えます。

◆保証と言う意味があいまいで、しかも販売店は
此れにタッチしない(Tidak ikut)事が通例
(Biasa)です。

◆従って、購入の際、店の親父に色々(Macam2)
商品内容と業界(Bidang bisnis)の習慣
(ke-biasa-an)を尋ね(Tanya)なければなりません。

注)この記事は、グローバル・シーが毎週金曜日に
まぐまぐから発行している【いーいー
インドネシア語学習】というメルマガからの転載です。

無料ですので、是非登録してくださいね。

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000196922.html

2006年10月28日 (土)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.088 

音声ファイルを聞く
グローバル・シーでは毎週土曜日にNew York Times
の記事を1つ選んで要約して5つ質問をします。

その答えを考えながら音声ファイルを聴いて読む
練習をすると内容が理解でき、英語のリスニングや
スピーキングが大幅にアップします。

http://www.e-e-learning.com  

http://e-e-learning.seesaa.net/     

TOEICの学習やセンター試験の練習にご活用下さい。

このメルマガも今回で米寿(八十八回)を迎える
ことができました。



これからも続けていきますので、ご愛顧の程
よろしくお願い致します。

また、英語教材としてお知り合いの方にご紹介
頂ければ幸甚です。

現在読者が4つのメルマガをあわせて約4千人
いますので、お一人が2人に紹介いただくと、
読者が1万人を超える計算ですので、よろしく
お願い致します。

http://www.mag2.com/m/0000149835.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: Arrest Leads to Discovery of Egypt Tombs

記者: By THE ASSOCIATED PRESS

発行日: October 22, 2006

URL: http://www.nytimes.com/aponline/world/AP-Egypt-New-Tombs.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Content Questions/内容についての質問】

1 What did the Egyptian police find the robbers doing?

2 What do the tombs commemorate?

3 What will happen to anyone who violates the tombs?

4 How do archeologists know that these were
tombs of dentists?

5 How do we know that these ancient dentists
were not rich and in the upper class?


【Answers to Content Questions/内容について
 の質問の正解】

1 They were stealing objects from an ancient grave.

2 They honor three dentists who treated the
 pharaohs and their families.

3 Anyone violating the grave will be eaten by
a crocodile and a snake.

4 Two hieroglyphs of an eye over a tusk identify
the men as dentists.

5 The tombs did not contain their mummies and
were built of mud-brick and limestone.


記事の要約の文面を見たい方は
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000149835.html


質問とその回答

2006年10月26日 (木)

韓国で買い物をするときに役立つ言葉 By アジョッシ

さて今日は、買い物をする際に役立つお話をし

ます。

皆さんは外国に行って買い物をしたことはある

でしょうか?

食事をするとき、映画を見るとき、電車に乗る

とき。

何をするときにでも絶対に必要になってくるの

は、いくらですか?

ですね。



これは、皆さんご存知でしょうね。

얼마입니까 ? (オルマイムニカ)

これは

얼마 →  いくら

이 →  です

ㅂ니까 ? →  〜か?

ですね。これは言うまでもありません。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆

このメルマガの発 信元 e-e-Learning では韓国 語の翻 訳 および、

韓国 語の 録 音を行っております。

韓国 人の友達に韓 国 語で手紙を送りた い。

韓国 語 雑 誌を 読 むことができない、などなど。

その時は e-e-Learning に翻訳 をお任せください。

また e-e-Learning では韓国 語 録 音も行っております。

独学で韓 国 語を勉 強 しているので、分からない 発 音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国 語 発 音を知りたい。

などなど、発 音で困られている方。

その時も e-e-Learning にお任せください。ネイティブ韓国 人が

直接録 音しあなたにお送りいたします。

詳しくは我社のホー ムペ ー ジへお越しください。

http://www.e-e-learning.com/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、買い物をする際、役に立つ言葉

は他にはどんなものがあるでしょうか?

それは、もちろん

まけて下さい。

ですね。これは

깎아주세요 (カッカジュセヨ)

この意味は

まけて下さい。

という意味です。とても役に立つので是非おぼ

えてください。

2006年10月24日 (火)

日本領事館は必要? (2)

外務省が 「ドスペ(小倉智昭の国民は
怒っているぞ!3 年金が消えていた!真相
スペシャル)」について(番組内容の事実誤認)
として外務省関連報道に対する見解を述べています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kenkai/0610.html

この反論としてあげていること以外は、外務省は
全て認めているのでしょうか?

私が米国に駐在していた時に911のテロ事件が
起こりましたが、その時のNYの日本領事館の対応が
非常に印象に残っています。

それは、テロ後に日本の旅行者や駐在員がNYの
日本領事館を訪れた際にまず日本領事館の人が
自分の保身に精一杯で、本来的には日本の旅行者や
駐在員を守るべき立場のものが、日本領事館を閉鎖
してまったくサービスを行わなかったことです。



それはある意味、非常にショッキングなことでした。
日本の領事館は万一の時には助けてくれない、もし
海外でテロにあったら、アメリカの領事館に行く
しかないかと思ったものでした。

その辺りの対応は改善されているのでしょうか?
実際に危機管理がどれくらいできているのか不明です。

確かに、給料面では削減された事実があると思い
ますが、海外にいると外交官はやはりバリバリの
特権階級で、エリート意識もあり、今回の反論も
なされていないように日本領事館は非常に高級な
場所に設置され、非常にお金をかけた施設となって
います。

それと提議したいのは、こんなに在外公館が必要か
どうかです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html

特にアメリカは今の1/3に縮小しても問題ないと
思われます。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/n_ame/usa.html

私は、日本人にもっと国際社会で頑張って欲しいと
常日頃から思っており、その第一線として、日本の
外交官にはもっと頑張ってもらいたいと思っています。

その為には、1箇所に5-10年くらい腰を落ち着けて
その地域の専門家になる(その地に住み着く)位の
気概を持って任務に当たって欲しいと思います。
腰掛けだけの2-3年の勤務で世界各国を回っている
ようでは、表面だけの付き合いしかできないことを
肝に命じて欲しいです。

ビジネス・マッチングサイトのご紹介 ...biz

グローバル・シーでは、便利サイトとして
ビジネス・マッチングサイトで情報提供をしています。

http://business-matching.seesaa.net/

ビジネス・マッチングサイトのご紹介、
日本国内投資、海外投資、ビジネスプラン、
日本の経済・業界情報を発信しています。

無料サイトですので、是非お気に入りに入れて
登録してくださいね。



>


2006年10月22日 (日)

The Sun Also Sets at Huangshan (11) By Jim Jen  

中国系アメリカ人のJenさんの自伝です。

Hangzhouに戻ってきたJenさんにどんなことが
起こったのでしょうか?(oct.17)

The busy breakfast conclave was a self-service
cafeteria, catering mostly to the University
students.

Prof. He and his wife joined us.

Mrs. Ho is the Vice President of the University;
her schedule was very busy.



That explained why she didn’t come when we
first arrived in Hangzhou a few days ago.

Prof. He was again very helpful to write down
what and where we should do before boarding
the Shanghai bound express bus in the afternoon.

He helped us to get the bus ticket, and showed
his office.

His company is a software-writing partner for
the State Street Fund of Boston.

We followed his written instructions exactly
without deviation.

Prof. He was such a kind and caring person,
a rare commodity in today’s world.

It was a pleasant flat road walk to the West Lake.

Once there, the momentum of the crowd and groups
of tour pushed us to various sights without
much effort of our own.

The garden along the West Lake was beautiful,
with seasonal flowers and charming lotus pads
serving as its backdrop.

There were always stone fences for us to rest
our feet.

We negotiated for a short ride on a sampan
before lunch.

On the sampan, the boatman proclaimed that
we were from Shanghai but actually from
United States.

We never knew how he could be that smart.

Perhaps our gestures and body movements were
obvious clues to him.

During the boat ride, the subject of family
value somehow came up.

The boatman pointed out a few sights to us.

The Lake was decorated for the occasion of
a Trade Fair.

There was to be a firework display that
evening but we would miss it.

Then we went ashore to stop at the designated
lunch place for a bowl of freshly pulled
noodle with meat and salted cabbage.

The final stop before going back to the hotel
was at the Shangri-La Hotel.

We appreciated the western style restrooms and
the luxurious cotton towel for hand drying.

We retrieved our bags at the hotel and took a
taxi to the bus terminal.

I never expected there would be so much
confusion outside as well as inside a bus terminal.

The taxi driver dropped us off at the opposite
side of the terminal and we had to thread our
way through swarms of people and cars to get in.

We had to pay a penalty for changing to an
earlier bus; but we were glad to pay the
penalty so that we would be back in time for
Little Chen’s home-cooked dinner.

Ann was eager to report to the audience at
Hunan Road on all details of our trip.

Meanwhile, Little Chen had four Yang-zheng Lake
crabs steamed for Ann.

My sister-in-law treated Ann well, more like
a mother than a sister-in-law; she wanted to
give the best to Ann.

These famous crabs are the best among the best
in crabs, a seasonal treat.

The rest of us were mostly on cholesterol
restrictive diets and were content with only
one crab.

After the third crab, Ann was satiated.

2006年10月21日 (土)

NY TIMESの要約を読んでみよう! Vol.087

音声ファイルを聞く
グローバル・シーでは毎週土曜日にNew York Times
の記事を1つ選んで要約して5つ質問をします。

その答えを考えながら音声ファイルを聴いて読む
練習をすると内容が理解でき、英語のリスニングや
スピーキングが大幅にアップします。

http://www.e-e-learning.com  

http://e-e-learning.seesaa.net/     

TOEICの学習やセンター試験の練習にご活用下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ NY Timesの記事 ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: It's Official: To Be Married Means
    to Be Outnumbered

記者: By SAM ROBERTS

発行日: October 15, 2006

URL: http://www.nytimes.com/2006/10/15/us/15census.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記事の要約



質問とその回答や記事の要約の文面を見たい方は
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000149835.html





2006年10月20日 (金)

mixiは脇が甘いのでは?

mixiは最近東証マザーズに上場し、プライベート
カンパニーではなくなりました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/14/news056.html

私もmixiフアンで昔から愛用させている一人ですが、
最近、mixiを見て脇が甘すぎるのではないかと思う
ことがあります。

それは、mixiをご存知の方であればすぐ分かると
思いますが、個人のプロフィールや日記で使われて
いる写真の1/3以上が著作権を無視したタレント
の写真であったり、アニメであったりする訳です。



mixiは免責事項として、「プロフィール、日記など
での写真の掲載はユーザー様ご自身の責任でおこ
なっていただきます。具体的には、著作権、肖像権
など法令上の義務に従っているか、またデータの
保存、複製利用などの可能性についてもご自身の
責任でおこなっていただくことになります。」
としています。

それで各人が勝手に著作権や肖像権を犯している
ことを放置しても関係ないとの立場でしょうが、
会員が500万人いるとして、そのうちの150万人が
著作権・肖像権を侵して楽しんでいることを規制
せずに見て見ぬ振りをすることは、社会的公器な
存在となった今、許されないと思います。

mixiのいいところは、いろんな人が匿名性を確保
しながら、それぞれが自己表現しているところで、
コミュニティもそれなりに面白ですが、mixi内だけ
肖像権・著作権がなくなっていることに誰も
気づいていないのでしょうか?

mixiの時価評価は2000億円とも言われていますが、
脇の甘い対応をとっていると、訴訟の嵐となって
潰されてしまいますよ。

一刻も早く少なくともプロフィールの写真部分の
肖像権・著作権の取締りをしないと、とんでもない
ことになりますよ。忠告!忠告!

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(4) By 南果

◆私が現在(Saat ini)インドネシアで使っている
コンピュータ=PC(Komputer)はノートブック型
(Laptop)です。

PCが日本製である場合(Situasi)は、此方での
電圧(Tegangan listrik)が日本と違いますから、
本体に付属している(menyertai)アダプター
(Adaptor)の接続(sambung)が必要です。

◆電圧の不安定(Kurang stabil)、電力使用量
(me-makai daya listrik)に余裕の無い家屋も
ありますからVoltage Regulator=電力安定器
(Stabilizer)の設置(me-letak-an)も忘れては
なりません(Tidak boleh lupa)。

◆うっかりして(ke-teledor-an)、この安定器を
通さずPCを使っていて、電力使用量のやや大きい
電気機器(Alat listrik)のスイッチ(Saklar)を
入れたり、コンセント(Stopkontak)と機器の
差込プラグ(Jack)のサイズ(Ukuran)が合わない為、
プラグがぐらつき(Goyang)、ショート(Konslet)を
起こす場合もあり、アダプターやハードウエア
(Hard-ware)を壊して(Rusak)しまう事が何度か
有りました。



◆コンセントと差し込みプラグ、機器のプラグと
プラグが合わないと言うケース(Kasus)は多く、
その他の電気部品の規格(Standar)もマチマチ
(ber-macam2)のですから厄介(ke-ganggu-an)な
事が発生(Terjadi)します。

◆此れは国としての工業規格(Standar industri)が
無い為、各家内工業(Home industri)が勝手に物を
作って、他の物より安く店に置かして貰うから
なのです。

◆大部分の店(Toko)はいい加減な(Sembarangan)
品物と承知しながらも買う人(Pembeli)があれば?
と店に置きます。

◆店の親父(Bapak)に「良質(ber-mutu bagus)の物は
どれか?」と聞けば「1番(Nomor satu)がこれで、
其の次(Lanjutan)はこれ、悪いけど安いのはこれ」
と応えます。

◆店の親父は何処かのメーカーが製品を組み立て
2.3日で壊れても良いから安い部品を入手したいと
言う場合もある事を、承知している(Ketauan)
のでしょう。

◆こんな事情(Situasi)を知らずに買い物(Belanja)
をする客は面食らう(Bingung)のです。

◆人様からの贈り物(Kadu)が壊れ、中を空けて
調べると80−90%の部品(Ondel-dil)は正規
(yang benar)な物、極一部(Cuma Sebagian)が
不良品(Tidak benar)であったり、欠損
(ke-kurangan)していたりします。

◆小額の制作費(Ongkos produk)を削って利益
(ke-untungan)を考え、ブランドの信用
(ke-percayaan)を無くす(hilang-kan)事に
無関心と言う業者(Pengusaha)が、居る事は間違い
ありません。