Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

I Am Not About to Leave Soon (2) By Jim Jen

中国系アメリカ人のJenさんの自伝です。

海外や外資企業で働いてみたいと思われる
人は必読です。

While Cecil was gone, I studied the
chemistry of the reaction.

Suddenly, I saw the key to the problem.

A catalyst, in a minute amount of 0.01%
of the total formulation, was always
used in our lab preparations.

From my distant memory of my organic
chemistry course, I knew that a
catalyst could easily change the course
of a reaction.

The plant records substantiated my suspicion.

Only one initial batch showed the
operator added this catalyst to the
reactor and the remaining six batches
were prepared without this important
catalyst.

At the 2 p.m. meeting, Mr. Rose
introduced me to other members of his staff.

Sales, tech service, production, accounting
and engineering heads were represented.

He then turned to me and blamed my R/D
department of introducing a new product
to our largest customer without thorough
checking and testing.

Although it was my first day on the job,
I was the head of the R/D dept. and
therefore should bear the full
responsibility to get the company out of
this jam.

I calmly approached the blackboard and
wrote the formulation of the product.

Then I went into some fancy chemistry
explanation of the expected reaction,
emphasizing the role of a catalyst,
although it was in a very tiny amount.

The copies of the plant production record
were distributed.

It was then obvious to all that the error
had been made by production department.

Someone there had arbitrarily decided
that such a small amount of an additive
could not be important and had deleted it.

I continued that although R/D Dept was
not at fault, we had already started a
project in the laboratory to retrieve
and recover the wrongly prepared material
so that our losses would be minimal.

I concluded, "You should expect to hear
our report in one week."

At the end of the meeting Mr. Rose asked
me to come to his office.

He said, “Jim, I really admired your
attitude and guts.

No R/D people before has ever dared to
speak like this.

You were able to analyze a complex problem
in just a few hours, solve it, and start
a corrective step.

I like you.

We're going to work well together."

It didn’t take long for the news of the
meeting to spread within the company.

Everyone I met was extremely complimentary
and polite.

Already, my stature was running high with
everyone in this company.

Except with one.

韓国の映画「グェムル」 By アジョッシ

みなさんは、すでに TV CM などでご存知かも知れませ

んが、ある映画が注目されています。

その映画とは「グェムル」です。

この「グェムル」、どういう意味なのでしょうか?

日本語では何のことか、さっぱりわかりませんね (=^^=)

それもそのはず、これは韓国語の発音をそのまま、日本

語に置き換えただけのものだからです。

その理由が何故かは、定かでないのですが、韓国語の音

をそのまま活かしたかったと、聞いたことはあります。

さて、この「グェムル」韓国語ではどう表記するのでしょ

うか?

괴물

と表記するのです。

ちなみに意味は、“怪物”という意味になるのです。

確かに映画の題目が“怪物”ならば、見に行く人は半減

しますね。

この映画は、韓国を横断する漢江に、その“怪物”が現

れるという設定の映画のようです。

この TV CM を見たときに頭の中で重なったのが、ア

メリカ版の「ゴジラ」でした。

アジョッシとしては、その「ゴジラ」の時ほどのインパ

クトは受けなかったのですが、誰にでも気軽に見れる映

画のような気もします。

映画の題目と違い、家族愛の映画であるという噂も耳に

したことがあるので、1つで2つの味を楽しめると言っ

たところでしょうか。

韓国の最新情報によると、映画「ブラザーフッド」の

記録を塗り替える、歴代2位の興行収入をあげていると

いうことです。

まだ封切されて、間がないためこの記録はさらに塗り替

えられる可能性もありますね (=^^=)

小泉改革で恩恵を受けたのは誰か?

小泉政権が自画自賛する5年間の小泉改革で
国民の暮らしは豊かになったのでしょうか?

答えは、NOで、豊かになったのは一部の銀行と
大企業と外国(アメリカ)でしょう。

小泉政権では竹中大臣を前面に出して、銀行の
不良債権処理を進め、47兆円とも言われる公的
資金で銀行の不良債権を処理し、本来なら潰れる
べき銀行や大企業を産業再生機構を通じて救済
しています。

また、ゼロ金利政策等で本来なら国民に渡るべき
300兆円もの金利収入を銀行に移転しています。

1部上場企業は3年連続で過去最高益を更新して
いるのに、法人税は低いままとなっています。

企業が儲かっている主な要因は、労働者派遣法の
改正によって、正社員を減らし、変動費扱いの
非正社員を300万人程度入れ替えることが出来る
ようになったためでしょう。

サラリーマンの給料は平均で5年前と比べて
月額で2万円減少し、ニートが増え20代の20%の
人の年収は150万円以下との統計も出ています。

アメリカは日米同盟の名の下で、日本を世界
戦略に組み込み、自衛隊のイラク派遣を実現し、
経済面・軍事面でも支援を受けれるようにし、
本来的にはアメリカが支払うべき米軍の
グアム移転に関しても日本の税金から数兆円を
アメリカに回すことに成功しています。

また「日米投資イニシアティブ」で法整備を整え、
アメリカの企業が日本に投資(本質的にはM&Aを
通じて支配)しやすい環境にしています。

それらの結果、本来は国民に回ってくるお金が
企業や外国に行くことになり、日本に住んでいる
日本人は、給料は減る、福祉は削られる、
貯金は減る等で、会社にはこき使われていつ
解雇されるか分からないと言う精神状況に
置かれ、散々ではないですか?

利益を上げれるようになった銀行や会社も
外国企業に支配されるようになれば、究極的
には、小泉改革で馬鹿を見たのは日本国民で、
笑うのは外国人(アメリカ人)ということに
なるのでしょうか?





2006年8月30日 (水)

The Experience Paradox  By Joseph

Josephの日本の経営者に対する提言です。

英語が読みにくいというか方には邦訳をつけて
います。

グローバル・シーは東京地区でExecutiveに
対するメンタリング・コーチングサービスも
行っています。

In both American and Japanese companies
alike, experience is regarded as important.

In fact, there are many companies in which
you can not be promoted to the management
level without experience.

Naturally, I having a little experience
is helpful.

But long years of experience are not
really necessary to be a good manager.

In my opinion, it is better to have young
managers.

As managers grow older, they tend to abandon
their dreams and pursue security.

Younger employees, however, have dreams
and often burn with ambition.

In addition, they are very flexible and
adapt quickly to new situations.

As the Japanese economy moves from being
production centered to information and
service oriented, this adaptability will
become an important competitive weapon.

What’s more, younger employees think
more frequently than middle-aged managers.

If they discover a new need or confront a
serious problem they will exercise creativity,
because they have little experience to
guide them.

Older managers, in contrast, have typically
have abundant experience to guide them.

For this reason, they may not even see the
need to exercise their creativity.

The world is changing, and so is Japan.

As an adjustment to this reality, you might
want to consider promoting talented young
employees into management positions.

You will probably be pleasantly surprised
with the result.

経験逆説

アメリカの会社でも日本でも経験は大切なものだ
と見なされている。経験がなければ、管理職に
昇進出できない会社は多い。

もちろん、少しの経験が役に立つこともあると思う。
いいマネジャーになるにはとても長い経験は
そんなに必要ではない。私の意見では若い方がいい。

年を取るに連れて、マネジャーはリスクの高い夢を
あきらめて、安定性を追求する。しかし、若者は
エネルギーを持って、向上心に燃える。

加えて、若者はとても柔軟で、すぐ新しい状況に
適応する。日本の経済が生産中心から情報や
サービス中心への変化が続くに連れて、この若者の
適応性が重要な競争武器になっていく。

更に若者は中年の人より考え方が自由です。新しい
ニーズを発見するし、深刻な問題に直面したら、
経験の浅い若者は想像力を行使する。

だけど、若者と違って、経験豊かな中年の
マネジャーは経験に頼りがちで、想像力を行使する
必要を把握しないかも知れない。

世界が変わっているので、日本も変わっていく。
この現実に調整の一つそとして、日本企業は優秀な
若者を管理職に昇進させてみたら、いかがで
しょうか。

びっくりするほどの喜ぶべき結果が得られると思う。

どれくらいの人が危機感を持っているか?

浅井隆著の「浮かれる景気」という本を
読む機会があり、氏の考え方と私の感じて
いる危機感に非常に近いものを感じました。

それは今日本が抱えている借金の大きさで
2005年の債務残高のGDP比で日本は160%と
先進国ではダントツで右肩上がりで伸びて
おり、イタリアは120%ですが、140%くらい
から下がってきており、フランス・カナダ・
ドイツ・アメリカは60-80%に収まっています。

小泉改革についての評価は、スピードが
遅すぎて、5年目に国債発行の公約の30兆円
以内にする数字合わせをしているが、単年
だけで、国債発行が橋本政権時代の20兆円
から増えているが、削減できていない点を
指摘しています。

いたずらに危機感を煽るつもりはありませんが、
「このままでも何とかなる」「日本は破産
しない」「破産したとしてもみんなと同じ」
と言った成り行きや楽観論に任せず、危機の
存在を認識し、自衛のためにはどのような
ことをしないといけないかを考えておく
必要があります。

浅井氏は「資産の半分くらいは外国通貨で
持っておくべきだ」と私と似た考えですが、
ダーウインの言葉を例に挙げられ、
「最も強いものが生き残るのではなく、
最も賢いものが生き残るのでもない。
唯一生き残れるのは変化できるものである」
という至言を記しておられます。

危機意識のない人は、是非浅井隆氏の著書を
読まれることをおすすめします。



I Am Not About to Leave Soon (1) By Jim Jen

中国系アメリカ人のJim Jenさんの自伝です。

昔のアメリカの状況やJenさんの仕事に対する
考え方がよく分かります。

In the 1960's Coshocton, Ohio was a quiet
rural town with a population of about
eight thousand.

Its biggest industry was a General Electric
laminate producing plant.

Its other big industry was coal mining.

The nearest cities were Cleveland to the
north and Columbus to the southwest.

Summer time was delightful but winter
was long and quite boring.

Snow would fall quickly if the wind blew
from the north.

But in Coshocton the snow, even freshly
fallen, was colored black.



My expertise in the polymer chemistry
helped the GE plant make higher profits.

However, my family was not happy about
living in such a small town.

The major stores in town were a Sears
catalogue desk and a J.J. Newberry.

A coffee shop and a barber shop made up
the rest of the downtown.

Almost all the town merchants knew me
by my first name.

The delivery of The New York Times every
Sunday morning was the highlight of our
week, although the train carrying the
paper did not even bother to stop.

The trainman just dropped our paper from
the speeding train at the main street crossing.

So, when a head-hunter firm approached
me with a job offer in Pensacola, Florida,
I was very interested.

I was attracted to the new challenge of
managing a medium sized research and
development department although the branch
of chemistry I would manage was a total
mystery to me.

Had anybody ever heard of "naval stores"
before?

I knew there was such a chapter in my
college Organic Chemistry course, but
my professor had skipped that chapter
because there were more important chapters
to go over.

I learned later that my professor’s
professor also skipped that chapter
when he was in school.

I did do some study on naval stores
before I reported for work.

On a Monday morning I checked in with the
Division President for my new job assignment.

Harold Rose was a medium sized typical
southern gentleman.

He welcomed me and praised my past
achievements profusely.

He said that he was not technically
trained, therefore there was nothing he
could advise me.

His only objective was for me to help
the Division to make more money.

After some more small talk, he rose
signifying it was time for me to leave.

Just before my exit, he said, "By the
way, there will be meeting at 2 p.m.
at the conference room to discuss a
major setback at one of our client mills."

He explained that our new product they
were about to use could not be pumped out
from the railcars, and there were 16 full
railcars standing at the mill site.

Back to my office, I asked my secretary
to get the chemists and their group
leader for a meeting.

Cecil Clinton, the group leader, showed
me the lab sample, the plant production
sample, the test results in their
performance and procedures of preparing
the product.

Everything seemed to be in order.

The plant produced sample did show some
cloudiness, which in itself should not
cause any serious problem.

But the cloudiness was indeed a clue.

That was the only difference we could
see among all the samples.

I ordered Cecil to get copies of the
actual plant records in preparing all
the batches, although he said that
during the initial production batches
our people was actually present at the
plant site to render assistance.

2006年8月29日 (火)

ポーランド語 ライティングについて 【ポーランド語翻訳者寄稿】

●「ポーランド語の勉強を始めたばかりで、
まだ文章が書けない。」という方には、
テキストの書き写しをお勧めします。

●テキストは、市販の参考書や添削して
もらった宿題の中の文章等何でも良いと
思いますが、自分が一度書いた文章、
または解いた問題を書き写すと、単語や
文法の定着度が良いかもしれません。

●テキストを書き写すことにより、単語の
量も増えますし、文章の構成や文法などが
次第に身に付くと思います。

●また先生が書いたコメントや手紙などの
中で役に立つと感じた文章や単語をノートに
書き写すことにより、より自然な文章を
覚えることができると思います。

●私もノートを作り、友達からもらった
メールや、旅行会話集の文章等を今でも
書き写しています。

●その文章の中で疑問に思ったことを、
自分で調べ、それでも分からない場合は、
ネイティブスピーカーや先生等に質問する、
という方法を取るとより効果的です。

●中級以上の方にお勧めなのは、テキスト中で
使えそうな文章をメモし、その文を
応用してノートに書き、声に出して読む、
ということです。

●また自分の思ったことをメモしたり日記を
つけ、先生やネイティブスピーカーに
チェックしてもらい、さらに訂正された
文章をもう一度自分で書き直すと効果的です。

●この時、次から次へと沢山の文章を書く
のではなく、添削してもらった文章を
「何で間違ったのか」「どうすればより
良くなるのか」等と吟味することが大切
です。

●全く慣れない言語を勉強する時、まず
「その言語の音に慣れること」が、その
言語を聞きとることへの第一歩となります。

数字を覚えてその発音を練習しよう

◆外国語で会話をするときに最低限覚えておくと
いいのは何でしょう?

◆お勧めはそれは1-10までの数字と、買い物を
する際にきりのいい数字(例えば100円相当、
1千円相当、1万円相当、10万円相当までの
外国語の数字)の表現が分かればいいでしょう。

◆私はブラジルに2年駐在しましたが、
ポルトガル語を真剣に勉強する気に
なれませんでした。

◆というのも日系人が多いということもあり、
仕事上ではある程度日本語が通じたということも
ありますが、2年の駐在で知らない外国語を
覚えること以外に現地でいろいろしたいことが
あったからです。

◆せっかく外国に行っても、部屋に閉じこもって
語学勉強ばかりしていては、日本にいるのと
変わりありません。私は休みがあれば、同僚と
ブラジル中を旅行しました。

◆従って、文法が少々間違っていても気に
なりませんでしたし、(全て動詞は原形で、
時制は全て現在形でした。それで過去なら昨日と
いう単語をつけて対応しました)それなりに
生きていけました。

◆外国に行って言葉が分からなくても買い物は
できます。(商品名が分からなくても買いたい
ものを指差せばいいわけですし、一番大きな札を
出しておつりをもらえば、何とかなります。)

◆でも数字を覚えておくと、買い物の際に
いろんな商品の値段を聞いて大体の相場が
分かりますし、値切る時にもタイムリーに交渉
できます。

◆私は偶々ポルトガル語の数字を知っていたので、
スペインに旅行した時は役立ちました。

◆アメリカから予約しようとしたホテルの
電話番号が替わっていて、新しい電話番号への
変更メッセージはスペイン語だけでしたので、
もしそれが聞き取れないとそれ以降のホテル
予約ができないところでした。

◆皆さんも海外旅行に行かれる前には、現地の
数字を言える様にしておきましょう。そして
現地の言葉で数字を聞き取れるようになって
おきましょう。

きっと何かのときに役立つと思います。

◆外国へ行く前には【e-e-Learning】で
ネイティブに数字を読んでもらい、それを
よく聞いて練習することをお勧めします。

それでネイティブに発音のチェックを受ければ
完璧です。

 → http://www.e-e-learning.com

My First Job (3) By Jim Jen

中国系アメリカ人のJenさんの自伝です。

戦前にアメリカに留学したJenさんとその
奥さんですが、第二次世界大戦後に中国は
共産主義の国になってしまいました。

高度の科学技術のバックグラウンドのある
とみなされたJenさんは中国に帰国できなく
なり、アメリカで就職することになります。

Nopco Chemicalに就職したJenさんはどうした
のでしょうか?

Dr. Robinson began to tell me the products
Nopco manufactured.

He liked my dual major in college and
said that Nopco could well use a person
with my qualifications.

He offered me a job with monthly salary
of $300, a somewhat lower figure by $50
of the norm.



In order for me to know the company well,
he would put me first in the control
laboratory checking incoming raw materials
and outgoing finished products.

The control lab would be a good training
ground for a new employee.

He said further that if I felt like it,
I could start to work that very morning.

Since I had nothing else to do in Harrison,
I agreed to sign on that very moment.

I was put on Nopco’s payroll that day.

I was then brought to the control lab
where I met my partner Cathy Bercowicz,
a blonde in her late twenties.

She was friendly and wore a constant smile.

She told me where the laboratory equipments
were located and gave me an assigned space.

Since lab work was nothing new to me, I
quickly grasped the ropes and fit into
the team comfortably.

Not only was I quick to learn but my
speed and accuracy were noticed by the
control lab supervisor.

He passed his comments to Dr. Robinson
who, one week later, called me to his
office and told me that he would cut
the required three month control lab
requirement to half of that time.

Then, I would be transferred to the
research lab to do new product development.

I responded positively and told him
that the new product invention work
was exactly my interest.

Although I was on the faster track,
the routine control lab work bored me
and I had five more weeks to go before
my transfer.

It seemed just too long of a time.

I called Dr. Libby at school to tell
him how my job was going.

He told me that he was glad that I
happened to have called him as he
had just received a call from another
past student of his from American
Cyanamid Company.

They were looking for a technical
person with exactly my training
qualifications.

Since I was not totally happy at Nopco,
he would make an interview arrangement
for me at American Cyanamid, which was
located at Stamford, CT.

My second interview at Stamford went
much more smoothly than my first.

I was offered an immediate 25% increase
in pay and my first assignment would be
to find a way to improve the strength
of paper with polymer additives, rather
than using the more expensive wood fibers.

It sounded very challenging to me and
I agreed to take on the task.

Back to Harrison, I explained to Dr.
Robinson my decision to leave so quickly.

He offered to raise my pay and give me
an immediate transfer to the research area.

I thanked him for his kindness but bade
him good-bye.

That was the end of my first job.

It had lasted only three weeks.




社会保険庁は必要?(3)

NIKKEI NETのニュースだけでは詳細がわからない
ので、社会保険庁のHPを見てみました。

その中で、国民年金保険料の免除等に係る
事務処理に関する調査結果等についてで
調査結果の経緯と報告書がまとめられています。

http://www.sia.go.jp/topics/2006/n0828.html

8月3日に詳細調査として第3次報告書で、
不正件数が前回調査の19万人のほぼ倍の
38万人にも上っているのに、合理的な説明が
なされているとは言いがたいと思います。

信頼されるべき国家公務員が、38万件もの
不正を働いて書類を偽造したり、不正に
判子を押したりしていた姿を思い浮かべると、
到底信頼できる国家機関とは言えないと
思います。

ありきたりな再発防止策をあげて、この件の
一件落着を図ろうとしているようですが、
こんな処分や報告書では、国民の信頼回復
は図れないでしょう。

この問題が、社会保険庁の今回の処分で
幕引きされるようでは、日本国民の民度
が低いといわざるを得ません。