Powered by Six Apart

グローバル・シー リンク

« 英語をうまく話すコツ  | メイン | Talk To Tara.com »

2006年3月27日 (月)

文法の重要性

●あなたが学習したいのは日常会話ですか?それとも
書き言葉?

●いずれにせよ、文法なしでは文章は成り立ちません。
単語を羅列すれば、時間がかかったとしても相手も
いつかはこちらの言いたいことをわかってくれるかも
しれません。

●しかし、より正確なコミニュケーションーと理解の
ためには、きちんと文法も勉強し、単語の並べ方の順番や
言葉の決まり、変化についても学びましょう。

●インドネシア語の文法は、一見それほど難しくは
なさそうですが、なかなか侮れません。

【辞書の引き方】

●インドネシア語の単語には、基語(語根)に接頭語や
接尾語がついてできた単語がたくさんあります。

そのような単語に出くわした場合、接頭語のついたままの
単語で辞書を引いても出てきません。まず基語を引いて、
その単語の接頭語、接尾語がついた言葉を捜します。

●例えば memakai(使う)、pakaian(服)、
pemakai(使用者)、pemakaian(使用)

この四つの言葉の基語はすべて”pakai” ですから、
辞書で上の言葉のどれかの意味を調べたい場合には
pakaiの欄を見ます。

●接頭語、接尾語のつけ方の決まりは必須です。調べて
必ず覚えましょう。

 ・動詞をつくる接頭語

  ber ter me mem meng menye

 ・名詞をつくる接頭語

  ke pe pem peng peny

・動詞をつくる接尾語 

  kan

・名詞をつくる接尾語

  an

 単語のなかにこれらの語が含まれていた場合は基語を
注意します。

【文法も重要です。辞書の引き方分かりましたか?】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350123/14206033

文法の重要性を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。